ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-11-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2016年10月13日 04:22
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国軍、北念頭に戦力増強
ミサイルなど順次投入へ

 北韓が進める核武装に対し、韓国軍は攻撃ミサイルと情報収集力の強化に動いている。複数の韓国メディアが報じている。
まずは長距離空対地ミサイル「タウルス」の追加導入だ。韓国空軍の主力戦闘機F‐15Kに搭載されている同ミサイルは、射程距離500キロで、北韓のほぼ全域をカバーする。弾頭は地下の施設も攻撃できるように貫通力を高めてあり、有事の際に首脳部や核関連施設を攻撃できるという。
早期警戒管制機「ピースアイ」の追加導入も検討されている。韓国軍はすでに4機の同型機を運用しているが、防空識別圏の拡張や対北情報収集能力の向上のために2機の追加導入を決めた。
移動式発射台を攻撃するための精密誘導爆弾を新たに導入する計画もあるという。ただ、いずれの装備も実戦への投入には時間がかかるとみられている。

2016-10-13 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
「韓日慰安婦合意、現在も有効」柳興洙...
疑惑を報道しない巨大メディアは不正選...
メディアが作った「偽の大統領バイデン」
親中グローバリストとの戦いが本格化
民団支援金、効率性検討へ
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません