ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-07-22 08:15:32
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年09月14日 08:57
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 リオパラリンピックが折り返しにさしかかっている。回を重ねるごとにパラリンピックも注目度が高まり、選手たちのアスリートとしての側面にスポットが当てられるようになってきたのではないだろうか▼大会前、ある言葉が巷をにぎわせた。オーストラリアのコメディアン兼ジャーナリストのステラ・ヤングさん(故人)が使いはじめたという「感動ポルノ」だ▼簡単に説明すれば、障害者が健常者を感動させるための道具として利用されることである。意図的であろうがそうでなかろうが、健常者が障害者をそういう目で見てしまうことは多々ある。ヤングさんの指摘に改めて気づかされたことは多かろう▼在日韓国人も似たような経験を持っているかもしれない。還暦を過ぎたある男性が「カッコつきの『良心的日本人』」という言葉をよく使っていた。差別されている在日韓国人はかわいそう、という先入観で見られることが、少なからず不快だったようだ▼ヤングさん風にいうなら、さしずめ「同情ポルノ」とでもいおうか。これを朝鮮総連は逆手にとり、日本で同調者を増やしていった。彼らの”親玉”である北韓も、国際社会から理不尽な制裁を受けているから発展できないそうだ▼この「同情ポルノ」の揺り返しが、昨今の在日韓国人に対する執拗な攻撃の一因とはいえないだろうか。かつて差別を受けたという事実はあっても、それをはねのけて多くの在日韓国人が社会の一員として普通に暮らしている。「同情ポルノ」など、もういらないのだ。

2016-09-14 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
文在寅政権の全体主義独裁を警告する
韓国企業、日本人学生に人気 ~在日の...
「革命政権」に冷淡な同盟 
東京でも「金正恩を許すな」
大統領の国憲びん乱 
ブログ記事
涙の七夕・・・父の四九日、永久のお別れ
新・浦安残日録(6)
You Raise me Up
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
自由統一
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません