ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-12-04 16:14:24
Untitled Document
ホーム > 連載
2016年07月21日 15:07
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱-61-

日本人女性、まさ子(二一)

 「おまえの気持ちはよく分かった。あんまり興奮しないで。このわからず屋のオモニが体のよくないおまえに、要らぬことを言ってしまってごめんなさいね」
「オモニ、そうじゃありません。オモニはぼくのためを思って言ってくれたのです。この親不孝者のぼくが、オモニの言うことに従わず、申し訳ありませんでした。許してください」
「ああ、しっかりした子だよ。おまえのその気持ちは、朝鮮人なら誰もが見倣うべきものよ。いつまでも変わらず、ずっと皆の亀鑑となっておくれ。これがオモニとしての頼みですからね」
この日も主人が呉さんとまさ子を連れてきた。
「大将、いらっしゃいませ。お陰で、随分よくなりました」
「柳君、もっと休んでいてもよろしいよ」
主人は先に帰り、参鶏湯の準備を終えた呉さんも帰り仕度をした。
「柳君、体に気をつけてよ」
「そうだ、呉さん、ちょっと待って」
呉さんが足を止めて振り返り、にこりと笑った。
「何か? 話でもあるのかい?」
「はい。あのー、窯にいつごろ火を入れるんですか?」
「そうだね。今、象嵌して釉薬を塗っている段階だから、たぶん二、三日以内になると思うよ」
「それでは、明日から行かなきゃいけませんね」
「もう少し休んでいればいいのに」
「家で横になっていると、やたら気になって仕方がないんです」
「そうですか。あの品は全部柳君の手によるものだから、気になるでしょうよ。でも、もう少し休んで、すっかりよくなってから出てくるようになさい」
呉さんも帰った。私が家で静養を始めてからすでに一〇日にもなる。これ以上じっとしてはいられなかった。他人の目にもよくない。重病で床についたのでもなく、もちろん過労から衰弱をきたしたのではあるが、ともかく面子が立たなかった。いつまでもこうして家で床に伏してばかりいられなかった。
次の日私は、工場に出た。あちこちから何人も駆けつけてきて、もう全快したのかと、どうせ休暇をもらった以上もう少し休んではどうか、などと言って気を遣ってくれた。
「柳君、来たのか?」
主人は豪快に笑った。この人はいつも気分のよいときには、気軽な調子で空笑いをするのだった。
「柳君」
「はい?」
「も少し休んでいてもよかったんじゃないのか?」
「大丈夫です。もう体の方も充分回復しましたし、これからは別に急の仕事もないようなので心配いりません」

2016-07-21 6面
 
高麗青磁への情熱-59-
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
18年にフッ化水素輸入が急増
国民への対決を宣言した文政権
民団、「北送」は「帰国事業」か
脱北船員を秘密裏に北送
崩壊する文在寅政権、悪の素顔
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません