ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2016年07月06日 11:45
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
対ミサイル訓練
初めて合同で

 韓日米3国が初めて合同でミサイル探知・追跡訓練を行った。北韓が中距離弾道ミサイル「ムスダン」の発射成功を発表したのと時を同じくして行われた。
「パシフィック・ドラゴン」という名の訓練は、日米が隔年で実施しており、韓国軍が参加するのは初めて。同訓練は、27カ国の軍隊による「環太平洋合同演習」(リムパック)に合わせて6月20日から28日までハワイ沖で行われた。期間中の23日には北韓がムスダンの発射実験成功を発表し、グアムまで核ミサイルの脅威にさらされるという緊張の下で実施された。
韓国からはイージス駆逐艦の「世宗大王」と駆逐艦「姜邯賛」が参加。海上自衛隊の「ちょうかい」、米海軍の「ジョン・ポール・ジョーンズ」と「シャウプ」の計5隻が訓練に臨んだ。訓練はミサイルに見立てた飛行体の速度や方向の分析と情報共有が主となった。迎撃訓練は行われなかった。

2016-07-06 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません