ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2016年07月06日 11:45
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
対ミサイル訓練
初めて合同で

 韓日米3国が初めて合同でミサイル探知・追跡訓練を行った。北韓が中距離弾道ミサイル「ムスダン」の発射成功を発表したのと時を同じくして行われた。
「パシフィック・ドラゴン」という名の訓練は、日米が隔年で実施しており、韓国軍が参加するのは初めて。同訓練は、27カ国の軍隊による「環太平洋合同演習」(リムパック)に合わせて6月20日から28日までハワイ沖で行われた。期間中の23日には北韓がムスダンの発射実験成功を発表し、グアムまで核ミサイルの脅威にさらされるという緊張の下で実施された。
韓国からはイージス駆逐艦の「世宗大王」と駆逐艦「姜邯賛」が参加。海上自衛隊の「ちょうかい」、米海軍の「ジョン・ポール・ジョーンズ」と「シャウプ」の計5隻が訓練に臨んだ。訓練はミサイルに見立てた飛行体の速度や方向の分析と情報共有が主となった。迎撃訓練は行われなかった。

2016-07-06 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
「歴史の転換点」仁川上陸作戦から70年
狂乱の文在寅「生命尊重」に敬意を示す
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません