ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年04月13日 05:13
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 パナマといえば運河。このイメージが覆ることはそうそうないだろうが、「タックスヘイブン」(租税回避地)を連想する人は増えるに違いない。それほど巷間をにぎわしている「パナマ文書」の衝撃は大きい▼何しろ英中露の現役首脳を含め、多くの政治家やその親族が「租税回避地」と呼ばれるこの地に会社を設立していた。すでに辞任した首脳もいる▼「さもありなん」と受け取ってしまいがちだが、政治家には不正を行っていたことを驚かれる存在であってもらいたい。おりしも日本では「世界一貧しい大統領」という触れ込みで、ウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領が来日していたが、各国首脳の醜聞は、それと好対照をなすこととなった▼「さもありなん」といえば、制裁対象となっている北韓の金融機関関連の名前もリストにはあった。不透明な資金の流れを今一度洗い出す必要があろう。でなければ制裁の効果も薄れるというものだ▼従来のイメージとの乖離でいえば、この人以上の名前はなかったのではないか。アルゼンチンのリオネル・メッシである。おそらく世界で一番愛されているサッカー選手だが、後ろ指をさされかねない蓄財をしていた可能性は否定できない▼ちなみにタックスヘイブンのヘイブンは「HEAVEN」(天国)ではない。税金なし天国かと思いきや、「HAVEN」(避難所や港)が正しい。特権階級の脱税にはさまざま方法があるというだけではない。イメージや思い込みの怖さも教えてくれたパナマ文書である。

2016-04-13 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
「歴史の転換点」仁川上陸作戦から70年
狂乱の文在寅「生命尊重」に敬意を示す
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません