ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年03月24日 08:41
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 プロ野球で、試合前の円陣で声出しをした選手に現金が渡されていたことが発覚した。賭博問題で3人の現役選手が球界を追われ、有名OBの薬物問題も社会を騒がせた。そこに追い打ちをかけるような醜聞だ▼おそらく、最初は本当に験担ぎのつもりだったのだろう。金は選手同士が出し合っていた。連勝すれば、選手が出す額が上がることもあった。これが複数の球団で、長年にわたって横行していたらしい▼初めて円陣に加わったルーキーたちは、最初は違和感を抱いたのではないか。だが、いつの間にかそれがプロの空気、プロの水だと思いこんで感覚がまひしていった…。そう考えられなくもない▼ギャンブルで借金を抱えていたドストエフスキーは、真実と嘘という単語を作品中に多く残している。代表作のひとつ『カラマーゾフの兄弟』では、自分に嘘をつき、その嘘に耳を傾ける者は、自分の中の真実を見分けられなくなる隘路にぶつかると戒めている。『罪と罰』では、この世で真実を語るより困難なことはなく、こびへつらうことほど容易なことはないと指摘している▼「声出し」の報道は、決してプロ野球の世界だけの話ではない。新年度が始まるこれからの季節、「水に慣れろ」、「空気になじめ」という言葉を聞く機会は増えるだろう。われわれも間違うことのないよう、他山の石としたい。

2016-03-24 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
「歴史の転換点」仁川上陸作戦から70年
狂乱の文在寅「生命尊重」に敬意を示す
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません