ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-29 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年03月16日 08:17
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 静かな戦いに、熱い視線が注がれた。人工知能の囲碁ソフト「アルファ碁」と、世界トップクラスのプロ棋士・李世ドル九段の対局だ。結果は人工知能の勝利だった▼「ついに…」という声が聞こえてくる。ボードゲームの世界では囲碁がもっとも複雑で、人工知能がトップ棋士を破るのは難しいとみられてきた。ついにコンピューターが囲碁でも人間を打ち負かした、という賞賛の言葉をひっくり返せば、ついに囲碁でも人間は機械の後塵を拝すことになったという敗北感が漂う▼1988年にIBMの「ディープ・ソート」が、チェスのグランドマスター(最高位の称号)を初めて破った。敗れたベント・ラーセンはその5年後、後継機「ディープ・ブルー」が当時無敵を誇ったガルリ・カスパロフに挑むと聞き、「ナンセンスだ」と一笑に付した。しかし「あと20年はかかる」と、予言めいた一言を付け加えた▼はたしてディープ・ブルーは、僅差ではあるが王者カスパロフに土をつける。1997年。ラーセンの”予言”からわずか4年後のことだった▼李世ドルは対局を前に「人間のように碁の美しさを理解できない」と、対抗心を燃やしていた。しかしミスなく詰めてくる人工知能に圧倒された▼3連敗で迎えた第4局。李世ドルは最初から攻めて一矢報いた。いったん崩れたアルファ碁は、形勢を立て直せず敗れた▼カスパロフは「人間とコンピューターが協力するのが最善の形」と語ったという。無敵の知能と不屈の精神。名勝負にヒントはありそうだ。

2016-03-16 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
中国共産党の横暴に立ち向かう
民主化勢力と人権運動家の素顔
文政権が強行する「公捜処」設置
朝総連は平壌にも抗議できるか
文在寅支持者も不信の不動産対策
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません