ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年03月02日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 本紙にたびたび寄せられる声の中に「野党を攻撃しすぎだ」というものがある。確かに、他紙に比べて現野党に厳しいのは認めざるをえないが、何も憎くてやっているわけではない。いわゆる「従北派」の言動と、本紙が掲げる統一理論が異なるが故の提言である▼野党が果たすべき本来の役割とは、与党に対して異議を唱えるべきときは唱え、よりよい方向に導くことではないだろうか。その点で、現在の野党は無条件に与党に反対していると受け取られても仕方がない言動が目立つ。彼らの支持率低迷が、何よりも雄弁にそれを物語っていよう▼野党の名誉のために言おう。かつての野党には、これぞという人物がいた。ややもすると強権的になりがちな政権に物申し、かといってそれは反対のための反対ではなかった▼李哲承氏が亡くなった。2月27日、93歳だった。故人は、路線からいえば与党に身を置いてもおかしくない人物だった。ただ、政治家人生の最盛期にあって、時の朴正熙大統領とはよく衝突した。それでも安全保障などの重要局面では不要な反対を慎んだ▼日本の植民地下にあったソウルで生を受け、信託統治反対運動に身を投じ、大韓民国の建国、民主化、経済発展とともに人生を歩んだ。6・25戦争では銃をとって戦った。空論ではない、地に足をつけた議論のできる政治家だった▼そんな彼を、与野党も朝野も関係なく人々はこう称える。「大韓民国の長男」。政界を退き、老境にあっても精力的に活動した。ゆっくりと休んでほしい。合掌。

2016-03-02 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません