ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年02月24日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 「日本の『韓国専門家』といわれている人でも、本当の韓国の姿を知らないのでは…」。「韓国専門家」と意見を交わすことが多い、ある韓国の知識人が嘆くようにいった。同じような指摘は、知日派韓国人からよく聞かれる▼19日付の産経新聞に、小さな記事ではあるが福岡で行われた懇話会の記事が載った。講師は古田博司氏。韓国留学経験も持つ、大学院教授である▼講演のタイトルは「危うい韓国と非韓三原則」。同氏は韓国に「教えず、助けず、かかわらず」という三原則を提唱している。記事によると古田氏は南北を比較し、「地理的に安定的で核保有国となった北朝鮮より、本当に危険なのは韓国だ」と述べたという▼古田氏はその根拠の一例として、産経新聞前ソウル支局長の在宅起訴を挙げたという。韓国の法治主義は崩壊しているということだ。かといって韓国の方が北より危険というのはどのような了見だろうか▼「韓国は反日」というのもよく聞くフレーズだ。だが、昨年1年間で延べ400万人の韓国人が日本を訪れたことをどう捉えよう。訪韓日本人は、ピーク時で約350万人(2012年)。日本の半分以下の人口の韓国から、過去最多の訪問者が来日したのだ▼時事通信が11~14日に行った世論調査によると、「嫌いな国」(複数回答可)で韓国を選んだ人は38・6%だった。決して低い数字ではないが、この数年で初めて30%台になったという。両国は互いに重要なパートナーだ。「専門家」にはぜひその基本を忘れないでほしい。

2016-02-24 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません