ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年02月17日 10:31
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 開城が韓半島史で初めてスポットライトを浴びたのは、10世紀前半に初代高麗王・王建が同地を首都と定めた時だろう。松が美しい都で「松都」とも呼ばれていたという。14世紀末に朝鮮王朝が興り、都が現在のソウルに移ってからも、開城は商都として栄えた▼その開城に、韓国資本が進出したのが04年。金大中政権の「太陽政策」の象徴となる開城工団であった。操業開始当時は南北和解の突破口になると期待もされた。しかし、それはほどなく裏切られる▼北は開城で得た収入で核やミサイル開発を行った。それも1回や2回ではない。それでも金大中・盧武鉉・李明博・朴槿惠と続いた4人の大統領は、開城工団を維持してきた。北側が韓米合同軍事訓練を理由に韓国人職員を追い出した時も、折れたのは韓国側だった▼しかし今回のミサイル発射を受け、ついに開城工団は閉鎖となった。ようやく、といっていいだろう。韓国は対北基本政策を転換する時期に差し掛かっている。北の資金源を断ち、国内外に向けて明確に態度表明をする意味でも、開城閉鎖はやむを得ないことだ▼韓国国内では、より強硬な主張も出ている。韓国も自衛のために核武装すべきというのがその代表だ。実現させるかどうかは別として、それを主張するだけで国際社会に対するメッセージになる▼その前段階として、韓国がNPT(核不拡散条約)からの脱退を宣言すべきという意見もある。いつも韓国は、北に振り回されるだけだった。そろそろ北を振り回す側に回ってもいい。

2016-02-17 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
월드옥타 도쿄지회 제14·15대 ...
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません