ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年02月10日 09:44
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 やはり、といっていい。北韓が長距離弾道ミサイルの発射実験を行った。1月の地下核実験に対する国連の制裁が出されようかというタイミングで、核実験と「セット」になっているミサイル発射も敢行したのだ▼北韓は人工衛星だというが、どれくらいの人がその主張を信じるだろうか。仮に人工衛星の打ち上げだったとしても、ミサイル技術を用いたこと自体が国連安保理の制裁決議に違反している▼多くの住民が飢えて死線をさまよっている中、さらに孤立を深めるだけの「人工衛星発射」にどれだけの意義があろう。ただ、こういった常識的な疑問は、もはや彼らには通用しまい。彼らは変わらない。変われない▼変わるとしたら、直接核の脅威にさらされている韓国、特に政府の態度だ。韓国政府は米軍のTHAAD配備について、米国側と協議を始めることを明らかにした。今までは「米国から配備の要請はない」「協議していない」「いかなる決定もない」という「三無」原則を貫いてきた。中国が不快感を示していたためだ▼朴大統領は経済的な結びつきが強い中国との関係に過剰なほどまでの配慮を重ね、時に周辺国の憂慮に背を向けてまで中国に気を使ってきた。北の核問題で、いつかは韓国に味方してくれるかもしれないという淡い期待もあったのかもしれない▼だが、中国の態度には変化の兆しが見られない。多くの韓国国民は、北の挑発に断固たる対応を求めている。北だけでなく、中国にも圧力を加える時が来ている。

2016-02-10 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
日本初 東京で「黒い傘運動」
米国が中共に宣戦布告
突如持ち出された「行政首都移転」
【映画】『鬼手』(韓国)
ヨンジョンの毎日眞味(第50回) 簡...
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません