ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-29 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年02月03日 01:35
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 今シーズンから阪神タイガースに復帰した藤川球児投手は、父親が草野球でノーヒット・ノーランを達成した翌日に生まれた。なので球児と名づけられた。プロに入ってから徐々に力をつけ、ついには日本球界を代表するクローザーになった▼サッカー界に目を移してみると、Jリーグには「しゅうと」という名の選手が多い。「秀人」、「秀仁」などと漢字では書く。ソチ五輪スキージャンプ団体で銅メダルを獲得した清水礼留飛選手も、元スキー選手の父が、日本にスキーを伝えたといわれるオーストリアの軍人テオドール・フォン・レルヒにあやかって名づけた。いずれも名は体を表すの一例といっていい▼台湾の新行政院長(首相)に就任した張氏は下の名を善政という。理想の政治家を体現したかのような名前に驚かされたが、蔡英文・次期総統の政権が発足する5月までの暫定政権になる見通しだ▼太平洋を挟んだ米国の政界では「切り札」という姓を持つ候補が大統領選の中心に立っている。共和党のトランプ氏だ。歯に衣着せぬ発言の中には、暴言や放言と呼べるものもあり、数多くの批判も招いてきた▼ところが本人はそんな声などどこ吹く風。最近もテレビ局主催の討論会を、同局の司会者から「不当な扱いを受けた」としてボイコットした。党内の大統領候補者指名争いの初戦となるアイオワ州党員集会を前に、トップを走るトランプ氏。唯我独尊。これがかれの強みであるなら、同氏の懐からトランプが尽きることはなさそうである。

2016-02-03 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
中国共産党の横暴に立ち向かう
民主化勢力と人権運動家の素顔
文政権が強行する「公捜処」設置
朝総連は平壌にも抗議できるか
文在寅支持者も不信の不動産対策
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません