ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年01月27日 10:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 早いもので2016年も睦月を終えようとしている。株価急落、バスの事故、大雪…、芸能界でもワイドショーを騒がせるニュースが相次いだ、めまぐるしい1カ月だった▼だからというわけではないが、元旦に新聞各紙を賑わせたニュースを思い出してみたい。理化学研究所が、周期表で113番目の元素の命名権を得たという吉報だった。ではその名前はどうする、というのが続報として今も報じられている▼最有力は、ラテン語の「日本」に由来する「ジャポニウム」だという。国の名前はほかの元素にも使われており、アメリシウム(アメリカ)、ルテニウム(ロシア)などがある▼周期表で84番目に位置するポロニウムは、ポーランドにちなんで名付けられた。発見者の一人はノーベル化学賞を受賞したキュリー夫人だ。当時、ロシアの支配下にあった故国の独立を願って命名したといわれる▼このポロニウム、毒殺に使われていたことで名前をご存じの方も多いだろう。ロシアのリトビネンコ氏、PLOのアラファト議長の死はポロニウムによる暗殺といわれている。もちろんポーランドに非はないが、国の名前がついた元素が悪用されるのは気分がいいものではないだろう▼ジャポニウムになりそうな113番目の元素は、自然界には存在しない。合成は困難で、性質はわからないが、いつかは人類のために役立ってほしい。そういえば、悪と戦う巨大ロボット「マジンガーZ」、あの超合金の装甲は「ジャパニウム」という鉱物でできているという。

2016-01-27 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
월드옥타 도쿄지회 제14·15대 ...
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません