ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2015年11月26日 10:17
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
国連総会 対北人権決議採択
責任者のICC付託求める

 国連総会の人権問題を担当する第3委員会は19日、北韓当局が行っている人権侵害を非難する決議文を採択した。賛成112、反対19、棄権50だったが、中国は北韓とともに反対に回った。
 決議案は11年連続で採択されているが、金正恩ら責任者の国際刑事裁判所(ICC)付託に言及したのは昨年に続いて2回目となる。12月中旬に行われる採決で総会決議になるのは濃厚な状況だが、安保理では中露の反対が予想されている。
 日欧が中心となって提出した決議文は、北韓で組織的で広範囲におよぶ、深刻な人権侵害が長年続いていると指摘。国連安全保障理事会に対し、人権侵害の責任者をICCに付託するよう促す内容を盛り込んでいる。北の人権侵害は「人道に対する罪」にあたり、その責任者である金正恩以下の幹部を国際司法の場で裁くよう求めたということだ。
 今年の決議は、安保理に対して北の人権状況に関与し続けることを期する内容となっている。人権状況の改善とかかわる項目としては、政治犯収容所の即時閉鎖と政治犯の無条件釈放が昨年より強調されたほか、北韓の国際労働機関(ILO)加盟が挙がった。北では強制労働や児童の就労が横行しており、それに歯止めをかけるための措置といっていい。
 特に北韓は激しく反発。「人権問題を口実に、北韓の体制を覆そうとするものだ」と不快感を示した。また、決議案を作成する際に参考とした脱北者の証言については「真っ赤なうそを含め、歪曲と捏造に満ちている」と反論した。
 決議によって人権弾圧の責任者をICCに付託するよう求められた安保理だが、常任理事国の中国とロシアは「特定国に対する選別的な決議案採択は国連憲章違反だ」などと、反対の姿勢を示している。

2015-11-26 3面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
「歴史の転換点」仁川上陸作戦から70年
狂乱の文在寅「生命尊重」に敬意を示す
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません