ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-22 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2015年10月21日 04:51
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 ノーベル賞の発表が終わった。韓国では自然科学分野でのノーベル賞受賞者はまだいない。ある大学では、将来輩出されるであろう受賞者のため、キャンパスに銅像の台座が設置されている。文学賞も、長年期待されている詩人がいるらしいのだが、受賞の吉報は届かない▼日本では今年、2人の受賞者が出た。中国でも今年初めて、中国生まれ中国育ちで中国籍を持つ屠呦呦(トユウユウ)氏が医学・生理学賞を受賞した。「中国系」に対象を広めても初の女性受賞者だ▼韓国では基礎的な研究がおろそかにされがちだといわれる。多くの専門家が嘆いているのだから、それが実情なのだろう。技術職や地味な研究も、優秀な人材が集まるとはいいがたい▼韓国に技術力がないわけではなかろう。例えば技能五輪では、韓国は4連覇中だ▼ただ、気になる点もある。韓国の国内大会優勝者には、大企業への就職が保障される。就職先では、五輪のために集中して訓練を受ける上、結果によっては兵役も免除される▼受賞に過度の期待をかける大学、メダルのために支援する企業、結果だけにこだわる人々。期待がため息に変わった日、メディアには自省の声が目立った。科学者が好奇心に従い、地道に研究できる環境がそろえば、結果はおのずとついてくるものだと思うのだが…。

2015-10-21 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません