ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-24 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2015年10月21日 04:51
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 ノーベル賞の発表が終わった。韓国では自然科学分野でのノーベル賞受賞者はまだいない。ある大学では、将来輩出されるであろう受賞者のため、キャンパスに銅像の台座が設置されている。文学賞も、長年期待されている詩人がいるらしいのだが、受賞の吉報は届かない▼日本では今年、2人の受賞者が出た。中国でも今年初めて、中国生まれ中国育ちで中国籍を持つ屠呦呦(トユウユウ)氏が医学・生理学賞を受賞した。「中国系」に対象を広めても初の女性受賞者だ▼韓国では基礎的な研究がおろそかにされがちだといわれる。多くの専門家が嘆いているのだから、それが実情なのだろう。技術職や地味な研究も、優秀な人材が集まるとはいいがたい▼韓国に技術力がないわけではなかろう。例えば技能五輪では、韓国は4連覇中だ▼ただ、気になる点もある。韓国の国内大会優勝者には、大企業への就職が保障される。就職先では、五輪のために集中して訓練を受ける上、結果によっては兵役も免除される▼受賞に過度の期待をかける大学、メダルのために支援する企業、結果だけにこだわる人々。期待がため息に変わった日、メディアには自省の声が目立った。科学者が好奇心に従い、地道に研究できる環境がそろえば、結果はおのずとついてくるものだと思うのだが…。

2015-10-21 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません