ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-28 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2015年10月15日 07:22
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
北、中国との関係改善アピール
「人民重視」遠い70周年
 北韓は10日、朝鮮労働党創立70年に合わせて軍事パレードなどの祝賀行事を行った。中国との関係改善も強調した。ただ、予想されたミサイル発射実験は行われていない。  パレードに参加した人民軍兵士は過去最多規模の2万人。新型放射砲とKN‐08大陸間弾道ミサイル(ICBM)といった、周辺国にとって脅威となる兵器も登場した。9日の中央報告大会では、「核保有国」であることを改めて強調。金正恩は米国とのいかなる形の戦争にも対応可能だと述べたが、米ホワイトハウスは「論評しない」と一蹴した。  北韓が置かれた微妙な立場も透けて見える。予想されたミサイル発射実験は、今のところ行われていない。金正恩は中国との関係を考慮してか、核保有についても言及しなかった。  中国からは、序列5位の劉雲山・共産党政治局常務委員が訪朝した。10日のパレードでは談笑する姿などが捉えられたが、前日の会談では核開発に対する憂慮も伝えられた。金正恩は「わが国は現在、経済発展と人民の生活改善のために努力しており、平和で安定的な外部環境が必要だ」などと答えたという。  記念行事での祝賀では「人民重視、軍隊重視、青年重視」など、人民の生活を気遣うそぶりを見せた金正恩だが、平壌以外の地域の住民は依然と厳しい生活を強いられているという。韓国の情報筋によると、パレードの費用だけ1兆ウォン以上がかかったという。
2015-10-15 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
在日同胞、新韓持株取得20%へ迫る
韓米連合司解体を目論んだ文在寅の挫折
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません