ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-03-03 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2015年09月09日 07:50
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 耳の痛い指摘は聞きたくない。誰しも思うことだろう。日ごろから正論を説いているつもりのメディアとて、例外ではない▼「ホテル・ルワンダ」という映画があった。ルワンダ国内で部族衝突が起き、虐殺が繰り広げられる中で奮闘するホテルマンを中心に描かれた。事実を報じて外国を動かしてほしいという主人公に、外国人記者が答える。「(視聴者は)テレビを見て『ああ何てことだ、恐ろしい』という。それからディナーに出かけるのさ」▼この言葉は、とげのように胸に刺さった。その痛みがよみがえってきた。トルコのリゾート地にシリア人難民の溺死体が打ち上げられた。3歳の男の子だった▼「ヨーロッパは彼を救えなかった」。英紙は嘆いた。フランス大統領は「ヨーロッパの良心が試されている」と訴えた。こうして本格的な議論は始まった▼映画のセリフが脳裏をよぎる。あの写真でなければ、世は動かなかったのではないか。多くの犠牲者が出ていたはずなのに、なぜ今になってなのか。事態が収まるころ、ビーチは何事もなかったかのように人で賑わうだろう▼これが現実だ。だから戦争も難民もなくならない。今は「ヨーロッパの国として」などといっている国も、見ているがいい。いつかまた同じ質問が繰り返されるだろう。

2015-09-09 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
民団選管委、任泰洙候補に「不起訴処分...
「候補の経歴記載」問題で紛糾
在日民団の今後をどう考えるか 民団中...
韓日離間工作の黒幕たち
韓国大使館と民団前で訴え
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
中共への依存を深める金正恩
金正恩、断末魔の憤怒爆発
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません