ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-03-29 19:50:49
Untitled Document
ホーム > 連載 > 大韓民国への反逆
2015年06月24日 10:03
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
大韓民国への反逆 その連鎖を絶て(59)
自ら無効を宣言した「6.15」なのに…

 北韓が解放された後、処罰と懲罰の対象となるべき者がまた増えた。先週、米国国籍のシン・ウンミ夫婦が来日し、東京(6月16日)から巡回講演をした。招待者は6・15日本地域委員会だった。
シン氏はつい最近まで、民団同胞とも会いたいといっていた。しかし朝総連が統制した講演会場には、韓統連など彼らが選んだ人々だけが入場を許された。部外者を排除せねばならない秘密会合だったのか、それとも何かを恐れてのことだったか。いずれにせよ、彼女が謳ってきた「同じ民族」とは、朝総連と労働党であることを自ら証明した形になった。
シン氏は「南の暗澹たる現実」について講演したという。彼女は韓国について「暗澹たる社会」という前に、6回も訪問した北韓についてよく見るべきではなかったか。
北韓では「特別供給対象」、つまり特権階層でないかぎり、配給は行き届かない。人民大衆は生きるため商売をせねばならず、商売には金日成の肖像が描かれた北韓の紙幣ではなく、毛沢東とワシントンの顔が描かれた外貨が必要だ。自国通貨は紙屑で、外貨が使用される国。「主体の共和国」の暗澹たる姿ではないか。主催者側は自信があるのなら、シン氏の講演映像を公開すべきでないか。
シン氏の巡回講演は「6・15宣言」から15周年を記念して行われた。朝総連は「6・15共同宣言」の履行を強調する。しかし「6・15宣言」は、韓国憲法に反する。当然破棄されるべきだが、それは実現していない。
平壌はすでに、南北間の合意を全部破棄すると宣言している。金正日は存命中に「政治軍事的対決状態の解消に関連する南北間の合意の無効」を宣言(2009年1月30日)した。金正日の遺訓を実践すべき金正恩も「南北間の不可侵に関するすべての合意を全面廃棄し、板門店連絡通路を閉鎖する」と宣言(2013年3月8日)した。
平壌は、彼らが宣言した「6・15」などの「合意無効と廃棄宣言」は嘘だったというのか。朝総連は平壌が宣言したことを否定・拒否するのか。
嘘と欺瞞から出発した北韓は、これまで国際社会との合意や約束を遵守したことがない。北は今まで、自らの主張などが宣伝と扇動、詐欺であることを証明してきた。
そういう平壌に疑問を抱くそぶりさえせず、従うのはどういうことなのか。朝総連の姿勢は、彼ら自身が「主体的人間」であること放棄しているようにしか映らない。そして彼らは、”盲従”の褒美として金日成勲章をもらっている。
朝総連の公式記録である「総連の主要活動日誌」は、彼らの歴史観をそのまま示した記録だ。その内容を少し見てみよう。
朝総連は、6・25南侵戦争を李承晩と米帝による「北侵」と記録している。大韓航空機空中爆破テロなど、金正日の指令で行われたテロをすべて否定し、韓国側の「自作自演」と宣伝している。
韓国大統領暗殺を試みた文世光事件とアウンサン廟爆破事件は、朝総連自身が関連している。文世光にテロ訓練をさせたのは、朝総連大阪生野支部の政治部長・金浩龍。アウンサン廟爆破テロ犯をビルマ(現ミャンマー)まで運んだ船は、後に朝総連副議長になった文東建が北に寄贈した東建愛国号だ。これらは周知の事実だ。
朝総連の北への極端な追従は結局、朝総連自身を破滅させた。朝総連を見限った同胞は、大挙して組織を離脱した。朝総連の会員は現在、60年前の20分の1に減っている。北韓住民の大規模「脱北」の前に、実は日本国内で朝総連同胞の大規模「脱北」が先行していたのだ。(続く)

2015-06-24 1面
뉴스스크랩하기
大韓民国への反逆セクション一覧へ
ソウルで太極旗集会の現場から…
「日本人漁民50人以上を殺した」
太極旗革命をもって大韓民国の未来を
親族虐殺者の部下を認めた朝総連
朴大統領 弾劾決定
ブログ記事
ブログの読者各位 『新・浦安残日録』(号外)
新・浦安残日録(3) 晩節の〝選択〟
”若い世代が統一のための体力を作る”、韓国若者たちの誓い
国会内に大韓民国の敵がいると一喝する金鎮台議員
禹鍾昌記者が憲法裁判官8人を相手に損害賠償訴訟を提起
この一冊
『婦人会画報 絆』第1巻第4号
『婦人会画報 絆』第1巻第3号
『在日本大韓民国婦人会画報』第2号
菜食主義者
中国朝鮮族を生きる 旧満州の記憶
自由統一
北の人権状況告発
韓米演習に合わせて挑発
北韓をテロ支援国再指定へ
「日本人漁民50人以上殺した」
「北の脅威を抑制」


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません