ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-03-03 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2013年08月15日 23:45
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【対談】金暎勲 × 洪熒 「再び問う 大韓民国」<中>
反共指導者としての李承晩 マッカーサーらより評価高く

李承晩
マッカーサー
 平壌は赤化統一のため、韓米同盟の破壊に全力を傾けてきた。韓米同盟は北韓の攻勢に正しく対処してきたが、対北認識の摩擦と葛藤もあった。北韓の解放と中国との関係を考えるとき、韓米同盟は緊密にならなければならない。
  米国の対北認識は大きく変わった。主に民主党政権で見られたジミー・カーター式の対北認識から大きく脱した。ブッシュ大統領は北韓の核問題に厳しい姿勢を示したが、北韓は6カ国協議の合意文のインクも乾かないうちに合意を否定。米国の北韓に対する認識は完全に変わった。まだ状況に左右されるが時があるが、全体的に見たとき、北韓に対する米国の認識は完全に変わった。
 核実験を3回行って、ようやく平壌の実態を知ったということが問題だ。ブッシュ政権は2期にわたって北の工作に騙されたのに、北韓をテロ支援国リストから外そうと大統領を説得したのは、保守の専門家として知られているホワイトハウスの補佐官だったというが。
  米第8軍参謀長として、カーター大統領の在韓米軍撤退決定に真っ向から反対したシングローブ将軍は、トルーマンに解任された第2のマッカーサーだった。しかし、米議会は、シングローブを支持した。レーガン大統領は就任後、シングローブを麻薬との戦争の総責任者に任命した。米国では東西冷戦40年間で最高の反共指導者として、1位李承晩、2位マッカーサー、3位メンジーズ(オーストラリア首相)、4位トルーマンとなっている。蒋介石は入っていないが、実際に彼は共産党と多くの戦いをした実績がない。ソ連が1945年8月に対日宣戦布告をした際、ソ連の膨張政策を見抜いたのがマッカーサーだった。彼はNATOよりも早く、アジアの共産主義勢力との戦いを主張したのだ。

2013-08-15 16面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
民団選管委、任泰洙候補に「不起訴処分...
「候補の経歴記載」問題で紛糾
在日民団の今後をどう考えるか 民団中...
韓日離間工作の黒幕たち
韓国大使館と民団前で訴え
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
中共への依存を深める金正恩
金正恩、断末魔の憤怒爆発
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません