ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-10-17 04:37:15
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2012年12月05日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
東海に渦巻くもの=瞻星台―編集余話

 今年の冬は、当初の予想に反して厳しい寒さになるといわれている。東京もこの週末、寒い日が続いた。ソウルはもっと寒いという。北韓はさらに厳しい冬を迎えているに違いない▼先月末から今月頭にかけて、新潟県で北韓の漁船と見られる船が2隻漂着した。最初の船からは5人の遺体が、2番目の船からは1人の遺体が発見された。一報を聞いて脱北者かと思ったが、どうやら違うらしい。遺体はいずれも成人男性のもので、遭難した漁民ではないかと見られている▼6遺体はいずれも死後2週間から1カ月以上経過しているとのことだった。漁に出た頃に11月初頭の「爆弾低気圧」に襲われたのか、見るからに外洋で操業するのは難しそうな漁船ではひとたまりもなかっただろう。寒く強烈な海風に吹かれ、波間を漂ううちに力尽きていった彼らは、どれだけの恐怖と絶望感を味わったことだろうか▼東海(日本海)沿岸には、過去に何度か脱北者が漂着している。最近では11年9月に能登半島沖で見つかった脱北者9人のケースが記憶に新しい。彼らは韓国行きを希望していたのだが、特に冬場は北西の風が吹く日が多く、意図せぬ風に押し流され、日本までたどり着いたのだろう▼一方で、90年10月に起きた美浜事件(福井県)に代表されるように、北韓の工作船が侵入する事件も起きている。闇に乗じて、強い海風に吹かれ、今日も東海のどこかを北韓の船が漂っている。生活の糧を求めて、自由を求めて、あるいは暗い意図を持って…。冬の東海にはさまざまな感情が渦巻いている。

2012-12-05 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
曺国事態に文政権打倒の暴動がなぜ起きないか
決戦に出た脱北者
臨界値を超えた韓国社会 
『反日種族主義』の著者が語る「韓国社...
「文在寅打倒」対「曺国守護」の大衝突
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません