ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2012年11月22日 23:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
訪韓外国人は増えたが・・・=編集余話 瞻星台

 訪韓外国人が今年、初めて年間1000万人を突破する。「韓流」の影響で近隣諸国からの観光客が増えたことが最大の要因だ。日本人観光客は韓日関係の悪化によって減ったものの、その影響は量的にも時期的にも限定的なものになるだろう▼政府は2020年をメドに、訪韓外国人2000万人との目標を掲げている。かなり強気の設定にも思えるが、10年ほど前までは訪韓外国人が年間500万人台で推移していたことを考えれば不可能とは断じきれない。朝鮮日報は専門家の意見として、目標達成に向けて提言を行っている。韓国人観光客の増加、地方観光の活性化、モバイル技術革新による個人旅行の利便性向上などだ▼なぜ外国人客誘致のために韓国人観光客を、と思われるかもしれない。これは韓国人客の増加による地元観光業のレベルアップが外国人の満足につながるとの観点からだ。しかし韓国人の国内旅行客数は、約10年にわたり延べ3500万人で変わっていないという。観光産業がGDPに占める割合も、観光客の増加と比例しない。むしろ2000年の6・6%から昨年は5・2%へと減少している▼確かにソウルの中心地・明洞は、日本人と中国人で賑わっている。韓国人の買い物客はほとんどいない。店員に聞くと「ほとんど来ない」とのことだ▼外国人観光客が増え、いい思い出とともに韓国を後にしてくれるのは嬉しいことだが、国内の人にも活力がほしい。街の活気は韓国観光の魅力の一つだ。観光客が増えることで街に活気が生まれるよう、工夫が必要だ。

2012-11-21 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません