ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-09-28 11:45:26
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2012年07月27日 00:23
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「経済民主化」に矯角殺牛の恐れ=編集余話 瞻星台

 右にぐるぐる回っているといつしか左になるのか。また反対に左に回り続けると右になるのか。セヌリ党の朴槿恵議員が「大企業の政治権力を統制し、経済民主化」を行うと大統領立候補声明の最初の言葉として発した。一方、左派運動出身者である同党の金文洙候補は「企業活動の自由を積極的に保障し、投資の障害規制を取り除く」と訴えた。やはり万物は流転し変転する。朴正熙の娘である朴議員が左派の代弁人のように、左派運動出身者である金知事が右派の代表者みたいに見える。一体どうなっているのだろうか▼韓半島は政治の季節を迎えた。現代自動車が4年ぶりにストを実施した。金融機関の労組が12年ぶりにストを行うとも言っている。全産業がグローバル競争で生き残りをかけているのに、労使闘争にかまけている時期だろうか▼12年前の金融機関のストも、全世界で行ったのは韓国だけだった。経済が厳しい中、高賃金の銀行員がストを行うのはありえない。ウリ銀行以外の銀行は外国人が株式保有の5割を超え、彼らに高配当を続けている。いつ世界的な金融危機が韓国に波及するかわからないこの時期に…▼経済の民主化が叫ばれ、横領、背任を犯した財閥への罰則強化など「反財閥」の動きが大統領選のイシューになりつつある。あまり財閥叩きを行うと「矯角殺牛」(牛の角を削ろうとして牛を殺してしまうこと)になりかねない。韓国企業は銀行の株式を5%以上保有できない。財閥の銀行所有を規制するためなのだが、財閥の代わりに銀行を支配するのは外国人。これも滑稽な話だ。

2012-07-27 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
旧統一教会と朝総連 寄稿・三浦小太郎...
大阪韓国領事館が移転
ソウルを東京に擬える 第13回 郷土料理
本国投資協会がワークショップ
統率力求める在日同胞
ブログ記事
ウィル・スミスとプーチン
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません