ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-09-28 11:45:26
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2012年06月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
変貌とげる社会に組織は?=編集余話 瞻星台

 在日韓国人社会はここにきて変貌してきた。特別永住者など、代を重ねて日本に長く住んでいる在日韓国人が約35万人、新規定住者が約18万人となっている。民団と朝総連の2つに分かれていた社会に、新規定住者と日本国籍取得者の増加によって新たな変化が生まれている▼かつて60万人の勢力を誇っていた民団も組織離れが著しく、約300あるといわれる支部などの下部組織は相当減っていると聞く。北韓に盲従している朝総連は組織員が5万人を切り、職員や関係者だけの組織になりつつあるようだ。今年の朝鮮大学の新入生は170人程度しかなかったほど、組織は弱体化している。民団もかつては1万数千人集まった行事に1万人も集まらないような状態だ▼それに比べて元気がいいのが新規定住者、いわゆる「ニューカマー」だ。東京や大阪などの大都市には「韓人会」が誕生し、活発に活動している。東京では創設10年を超え、機関紙まで発行されるようになった。まさに在日韓国人社会の再編がどんどん進んでいることの証左だ▼私たちが住んでいる日本社会も国際社会の変化と経済状況に大きく影響を受けている。ところが不思議なことに朝総連組織は異常としかいいようがない。朝大・朝高などの民族学校出身者による横の連携を強めているのだ。組織は細る一方で「青年商工会」などは全国化し、このほど金正恩第1秘書就任式には100人規模の代表団を送っている。12月の韓国大統領選を前に彼らはどのような動きに出るのか。民団は彼らに注視しつつ、大同団結すべきだ。

2012-06-20 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
旧統一教会と朝総連 寄稿・三浦小太郎...
大阪韓国領事館が移転
ソウルを東京に擬える 第13回 郷土料理
本国投資協会がワークショップ
統率力求める在日同胞
ブログ記事
ウィル・スミスとプーチン
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません