ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-11-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 自由主義保守派の声
2012年05月24日 15:55
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
左派の従北への反乱が成功することを願う! [朴誠賢コラム]
食べることから始まった反乱は、思想、理念、価値に関する戦いへと昇華される時完成する。
朴誠賢(ニューデーリー論説委員/著述家)
壌の奴らが統進党非主力派に怒鳴った。“このセクト主義の奴らxx! お前らCIA手先だ!
ビンゴ!
趙俊虎、沈相奵、魯會燦、柳時敏…非主力派の闘争を率いている人々に心よりお祝い申し上げる。
あなた方はもう平壌が公認した“CIAのスパイのセクト主義奴らxx”らになられた。
この称号壌の奴らが言える最高賛辞だ。
壌の奴らは自分たちが最も憎悪する敵を呼ぶ時、その敵らを手段方法を問わず殺す時、この用語を用いる。今やついに貴下らは壌の奴らが軽く無視できない、彼らの不倶戴天の敵になることに成功したのだ!
壌の奴らは1955年に朴憲永を“米帝国主義のスパイ・セクト主義者”と烙印を捺して殺した。1956年には数多くの南労党出身を“セクト主義者”と烙印を捺して処刑場に送って銃殺したり集団収容所に送って飢えさせて殺した。
ア、どれほどしぶりのことなのか! 急進民族主義、あるいは会主義性向がこのよう一度に、このように露骨に“CIAスパイのセクト主義xx”ばれたのが! 56ぶりのことだ!
お祝い申し上げる! 皮肉るのではない! 本当に感激的なことだ。
今やはじめて壌の奴らと不倶戴天の敵として戦える‘運動出身の巨大な陣営が作られきつつあるわけだ。
大韓民国の急進左派の運動史は恥辱歴史だった。6.25戦争を前後にして北に行った数千、数万の南労党出身が1956年に惨めに殺されたのに、こちら南の急進左派1985までこの問題に触れもしなかった
[編集者:朴誠賢文から]
韓国社北人脈は、人革党-統革党-南民に続く6070年代の従北‐私はこれを旧世代’とぶ‐とおり、1980年代中盤以後られた386'がある。
旧世代核心統一革命党だ。そのボス(boss)の金鍾泰直接北韓へ行って金日成にってた‘大胆’だった。旧世代北の3事件の中で北韓から地下党資格められた唯一組織統一革命党だ。統一革命党して注目すべきは、19551956にかけて金日成が南労党系列々的粛清した最初に金日成体制忠誠った南側組織だったということだ。
へ行った先輩たちを犬死させた体制を上様として崇める、精神的マゾヒストの伝統を立てたのがまさに統一革命党だ。焼酎‘チョウムチョロム(めてのように)’の文字いた申栄福と、韓明淑民統党代表である朴聖焌代表的統一革命党関連者だ。
3861985金永煥が草分けだ。金永煥はこのに‘鉄書信’というパンフレットを書いた。このパンフレットは“1955に金日成によって米帝国主義のスパイにされてんだ朴憲永はのスパイであったのか?”という問題提起したスパイだった結論しながら、金日成体制を上様と崇める‘の構え’を準備させる文書だった。
金永煥1991江華島から潜水艇ってって金日成に会い朝鮮労働党入党した後米貨40ドルの工作金をもらって民族民主革命党組織する。だが、はずっと首領無誤謬性(infallibility)’首領行動と言葉は対的真理という狂信疑問提起してきて1997民革党解体して転向する。
この解体した人物独自に北の工作員と接線して北韓との連結線確保地下党再建する。これが再建民革党だ。この人物がまさに河永沃、李石基などだ。最近新聞で多く取上げられている京畿東部連合’は、再建民革党京畿南部委員活用した大衆公開組織だった可能性
人民革命党統一革命党南民核心へ行った先輩後輩同僚犬死して異議も付けず、らをのようにした金日成に忠誠った。から初めて地下党められた統一革命党がそうだ
焼酎‘チョウムチョロム(初めてのように)’の文字を書いた申栄福、韓明淑前民主統合党代表の夫である朴聖焌が深く関与した統一革命党は、自分たちの先輩、後輩、同僚を殺した壌の奴らに忠誠を誓う卑劣でかつ卑屈な伝統をたてた。政治的マゾヒスト‐淫乱性被虐症患者ら‐だ。虐待されて殺されることが好きでない限り、どうしてそのような荒唐なことができるだろうか?
1985年金永煥いた‘鉄書信’は、北地下党先輩たちが固着させておいたこのマゾヒズムから脱出しようとした必死の(だが失敗した)みだった。鋼鉄書信は、急進地下勢力の文書としては30年ぶりに初めて“金日成一派が朴憲永と南労党を殺したのが果たして合理化されることができることなのか?”という問題を提起した。
金永煥は自ら提起したこの問題に対して“粛清は妥当なことだった”と結論を出し金日成投降した。
ところが、この問題を提起したこと自体が意味のあることだ。地獄への薄暗い階段を降める人間が、その階段入口ここから地獄入口まると標示する作業であるからだ。
分かり易く話そう。金永煥は、“セクト主義者(南労党)の大粛清が果たして妥当なことだったか?”という質問に対して“そうだ”と答えることがまさに[北へ第一]ということを確実に標示しておいたのだ。このように標示しておけば、後にでも“妥当でない。卑劣な屠殺行為だった”と判断すれば金日成作った地獄から脱出できるようになる。
1991年、金永煥は‘地獄臓部'‐平壌へ行って金日成に会った。そちらで彼は高位級の人々に訊いた。“首領が誤謬せばすんですか?”高位級人々は皆顔色が青ざめた。
首領は誤謬を犯さない存在だ。首領が垂れた小便さえも万病統治の神通力を持つ真実の塊りだ”という無誤謬性(infallibility)への確信がまさに首領全体主義のアルファでありオメガであるためだ。金永煥は地獄の心臓部に行って、地獄根本する質問を投げたわけだ。
それをもって彼は“ここが地獄の心臓部だ。首領の無誤謬性を信じないなら今でも考え直して壌奴らと縁を切らなければならない!”と書かれた大杭を打ち込んだ。
しかし、この全ては一人観念的知識人さな身振に過ぎなかった。
首領全体主義を追従する従北の流れは巨大津波になって1990年代末以後わが韓国社会全体った。そして真っ暗な夜がきた。
真実は隠されて壌の奴らを“交流と協力のパートナー”と考える風潮が流行した。地球最全体主義虐殺集国人”と錯覚する奇怪な考がわれわれの社会を深く掌握してきた。この考え方をまき散らし強化した中枢機関がまさに北聖骨だ。
もはやこのすべてが終わり始めた。まさにあなたたち(趙俊虎、沈相奵、魯會燦、柳時敏…非党権派闘争を率いている)、雑種聖骨に立ち向かって反乱を起こしたのだ。
あなたたちはもう戻るがない。あなたたちは今や果敢まなければならない。に戻るはない。あなたたちは今まで北聖骨に屈従して彼らの忠実なパートナーとして我慢してきた。
もう聖骨たちの注文を撥ね返さねばならない。いったい誰が聖骨で誰が雑骨? というのか
壌の奴らの観点で見れば彼ら(河永沃、李正姫-沈載桓夫婦、李石基、金在妍など)が聖骨で、あなたたちが雑骨だが、大韓民国の観点から見ると彼らはゴミであるだけだ。らの呪術からして、自由生命真実のため立ち上がるあなたたちこそ‘大韓民国標’の聖骨になれる
すべての反乱は利害関係、立場、食べることの戦いから始まる。あなたたち、雑骨起こした今回の反乱も国会議員バッジにまつわる鬱憤から始まった。当然カーテンの後や日陰で隠れているべき北聖骨たちが金バッジを独占したことから裏切られたという感情から始まった。
食べることから始まったは、思想理念価値するいへと昇華される時完成す
壌の奴らはすでにあなたたちの額に烙印を押した。こう叫んだはずだ。
“米CIAのスパイのセクト主義奴らxx!”
もうあなたたちが壌の奴ら宣告することだけが残った。それがあなたたちが起こした今回の反乱の真の意味だ。
あなたたちの反乱が完成することを、また、成功することを心から祈願する。
朴誠賢はソウル大学政治学科を中退、米ジョージワシントン大学経済学科を卒業。1980年代最初の地下学生組織でPD(人民革命)系列の出発になる全国民主学生連盟の核心メンバーの一人。ニューデーリーに論説とコラムを書き、www.duduri.netを運営中。
www.chogabje.com 2012-05-23 11:33
뉴스스크랩하기
記事: 洪熒 (hyungh@hanmail.net)  
この記者の他のニュースを見る
自由主義保守派の声セクション一覧へ
「韓日慰安婦合意、現在も有効」柳興洙...
疑惑を報道しない巨大メディアは不正選...
メディアが作った「偽の大統領バイデン」
親中グローバリストとの戦いが本格化
民団支援金、効率性検討へ
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません