ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-11-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 自由主義保守派の声
2012年03月29日 02:12
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
20・30代の投票率は急増、50才以上は急減、セヌリ党の総選惨敗を予告!
中央選管委の世論調査はなぜ衝撃的か?
趙甲済
中央選挙管理委員会が今日(3月28日)発表した第19代総選挙(4月11日)関連世論調査は、セヌリ党の惨敗を予告する。セヌリ党の伝統的な支持基盤である50代以上で投票しないと答えた人々が大幅増えて、民統党-統進党の支持基盤である20・30世代で投票するという人々が大きく増えているためだ。
20代では投票すると答えた人々とが前回の総選挙より10%ポイント、30代では12.7%ポイントも増えた。50才以上では投票すると答えた人々が4.1%も減った。20・30代の投票率増加が昨年のソウル市長補欠選挙、2010年の地方選挙で野党が勝利した原動力だった。この傾向は今回の総選挙でも続く展望だ。反面、50才以上の保守的投票層では投票率が下がるようだ。
この二つの現象が結びつけばセヌリ党は惨敗する。セヌリ党が安保法治、「従北」剔抉といった保守的価値を捨てて左傾的性向を示したことに怒った保守層が「棄権」でセヌリ党を膺懲する兆しだ。
www.chogabje.com2012-03-2821:32
뉴스스크랩하기
記事: 洪熒 (hyungh@hanmail.net)  
この記者の他のニュースを見る
自由主義保守派の声セクション一覧へ
「韓日慰安婦合意、現在も有効」柳興洙...
疑惑を報道しない巨大メディアは不正選...
メディアが作った「偽の大統領バイデン」
親中グローバリストとの戦いが本格化
民団支援金、効率性検討へ
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません