ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-04-16 13:15:21
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2012年02月22日 00:05
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
徐萬述の死から見えるもの=編集余話 瞻星台

 朝鮮総連議長の徐萬述が19日、都内の自宅で死亡した。ここ数年は都内の病院で療養中だったといわれ、2年前の全体大会の際には引退説もささやかれたが、議長のポストにいつづけた。初代議長の韓徳銖が死亡したのが01年、その後、朝鮮総連のトップとして北韓とのパイプ役を務めた。慶尚北道出身の在日1世で、本紙読者には、06年に当時の河丙〓民団執行部との野合を画策した人物としてご記憶の方も多いだろう▼やはり総連は北韓と表裏一体であることが、彼の死から読み取れる。職務を遂行できない状態ながら、死ぬまでトップの座にいつづけた。初代議長もそうだった。北韓でも金日成・金正日はトップにいた。北韓のトップは「終身制」なのだろう。違う点といえば、世襲でないことくらいだろうか。「『畳の上で死んでいいのか』と言われても仕方がない人がこちら側でも、逝ったわけです。しかし、北朝鮮で悼みとして流布している『いい時に死んだ』も当てはまりますね。歴史に対し責任を取ることも、詫びることもなしにあの世に逃げ切れたわけですから」とは、徐萬述の死の報に接したある総連同胞の声だ▼声にならない声として、現在北韓内にも総連内にも不満が渦巻いているという。その声に耳を傾け、自らを変えていくことなど期待できない点でも北韓と総連は同じといっていい▼総連の事実上のトップは許宗萬責任副議長になっているが、後任が誰になるのかは不明。25日に総連葬が朝鮮中央会館で行われる予定になっている。民団は徐議長の死についてコメントしていない。

2012-02-22 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
「パンデミック条約」反対会見開く
鄭長善・平沢市長に聞く
金永會の万葉集イヤギ 第4回
金永會の万葉集イヤギ 第5回
民団大阪で3機関長選出
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません