ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-03-25 08:41:34
Untitled Document
ホーム > この一冊
2011年07月12日 22:56
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
中国朝鮮族を生きる 旧満州の記憶
戸田郁子著

 エッセイストとして知られる韓国在住、戸田郁子氏のライフワークの集大成とも言える一冊。戸田氏が、勤務していた会社を辞めて渡韓し、延世大学韓国語学堂に留学したのが1983年。2年後、高麗大学史学科で韓国近代史を学ぶ。その後、中国黒龍江省ハルビンに語学留学。延辺朝鮮族自治州を中心に、中国東北地方の朝鮮族の移住と定着の歴史を取材。
 この取材中に出会ったさまざまな人たちとの交流と中国における朝鮮族の変遷を、時を追ってまとめたものが本書であるが、その交流は“心温まる"などと言えるような生やさしいものだけではない。
 朝鮮や旧満洲国で行った日本帝国の横暴、それを日本人として聞かなければならなかった戸田氏。時が流れたとはいえ、自らの祖国が犯した過ちを、被害を受けた側の人びとの口から語られるのをまともに聞くことがつらくないわけはない。だが、戸田郁子のすごさは、そのつらさを乗り越えどこまでも、真実を突き詰めていく姿勢にある。その姿勢が戸田氏に次々と素晴らしい人々との出会いをもたらしてくれる。
 岩波書店刊  定価=2500円(税別)

2011-07-13 6面
뉴스스크랩하기
この一冊セクション一覧へ
ソウルで太極旗集会の現場から…
「日本人漁民50人以上を殺した」
太極旗革命をもって大韓民国の未来を
親族虐殺者の部下を認めた朝総連
朴大統領 弾劾決定
ブログ記事
”若い世代が統一のための体力を作る”、韓国若者たちの誓い
国会内に大韓民国の敵がいると一喝する金鎮台議員
禹鍾昌記者が憲法裁判官8人を相手に損害賠償訴訟を提起
韓国保守革命の希望、金鎮台議員
崔順実事件を捜査した検察発表の虚構
この一冊
『婦人会画報 絆』第1巻第4号
『婦人会画報 絆』第1巻第3号
『在日本大韓民国婦人会画報』第2号
菜食主義者
中国朝鮮族を生きる 旧満州の記憶
自由統一
「日本人漁民50人以上殺した」
「北の脅威を抑制」
「在日米軍が標的」
遺体は誰か 死因は何か
暗殺で北の外交関係揺らぐ


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません