ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-09-28 11:45:26
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2011年06月07日 23:55
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
日本人の礼儀正しさ 2000年前から!?=編集余話 瞻星台

 某新聞を見ていて、エッと驚いた。「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」「魏志倭人伝…日本人の公徳心の高さ、礼儀正しさは、2000年も前から世界が驚きをもって伝えていた」「日本人はこの誇りを忘れてはいけない」などのフレーズが躍る単行本の広告を目にしたからだ▼日本人の礼儀正しさはよく知られていることだから、世界から尊敬されることは否定しない。が、「2000年前から…」などのフレーズには違和感を覚えた▼何度も目にしている魏志倭人伝に、倭人を尊敬しているくだりがあったかな、と思いつつ、あらためて目を通してみた。「倭人は帯方の東南大海の中にあり」で始まる魏志倭人伝は、邪馬台国と卑弥呼のことを記述していることで有名な書だが、当時の倭国は辺境にある未開の地という印象しか持たれてない▼ほめているとすれば「婦人淫せず、盗窃せず、諍訟少なし」というフレーズは確かにある。が、その前後は「その俗、国の大人は皆四、五婦、下戸もあるいは二、三婦。婦人淫せず、妬忌せず、盗窃せず、諍訟少なし。その法を犯すや、軽き者はその妻子を没し、重き者はその門戸および宗族を没す」というもので、風俗を表現しているにすぎない。ましてや日本人を尊敬している文章とは言い難い▼著者の黄文雄氏は、明治維新後の日本の為政者らの皇国史観、あるいは征韓論を評価する内容の著者を多く記している。また、嫌韓派の権化のような存在らしいが、自説のために事実を曲解することは書き手として禁じ手である。そういうことのないように願う。

2011-06-08 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
旧統一教会と朝総連 寄稿・三浦小太郎...
大阪韓国領事館が移転
ソウルを東京に擬える 第13回 郷土料理
本国投資協会がワークショップ
統率力求める在日同胞
ブログ記事
ウィル・スミスとプーチン
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません