ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-07-17 12:52:19
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2011年01月26日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「坂の上の雲」と韓半島=編集余話 瞻星台

 年末、NHKのスペシャルドラマ「坂の上の雲」第2部が放映された。司馬遼太郎の歴史小説のドラマ化だ。産経新聞に連載された1968年から72年、まさに日本は高度成長の絶頂期にあった。小説の題材である明治の時代が、坂を駆け上がっていた時期とあいまって人気を呼んだ

▼しかしなぜ今の時期に250億円もの制作費をかけ、日清、日露戦争を題材とした小説のドラマ化なのだろうか。「明治」への賞讃、憧れなのだろうか。昨年末、菅直人首相が韓半島有事の際、在韓邦人救出のために自衛隊を派遣することに言及した。こういった発言が何の議論もなく出てしまう風土と重なり、うがって見てしまう

▼ドラマの視聴率は20%も満たないと聞く。今「坂」を駆け上がっているのは中国である。歴史小説の舞台であった韓半島を取り巻く情勢は約120年前とは大きく変わった。それは日清の逆転だ。清が共産中国に変わり、G2国家として中華帝国になった。近代化が遅れていた韓半島は分断し、北は今も清の時代と変わらず金王朝封建国家のままだ。韓国は民主主義を採用し、経済は先進国入りした

▼北は年明け後、平和攻勢をかけている。6カ国協議を主張しているが、それは核兵器保有のための時間稼ぎにすぎない。核兵器は北政権の生存条件であるため放棄しない。天安艦爆沈、延坪島砲撃事件からはっきりしたことは、北は彼らの主張とは違い「同じ民族同士」でなく韓国と「敵対関係」にあるということだ。韓国はそれを踏まえた戦略と国民的統合が必要だ。南北は今こそ120年前と異なる主体的な賢い選択と対応が求められる。

2011-01-26 1面
뉴스스크랩하기
記事: 統一日報  
この記者の他のニュースを見る
オピニオンセクション一覧へ
金永會の万葉集イヤギ 第16回
ソウルを東京に擬える 第31回 居酒...
金永會の万葉集イヤギ 第17回
韓商新会長に柳和明氏
金永會の万葉集イヤギ 第18回
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません