ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-22 08:26:46
Untitled Document
ホーム > この一冊
2010年03月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
『延辺文化大革命―10年の約束』/柳銀珪・著
朝鮮族の老写真家が著者に託した「延辺の文革」

 韓国の写真家・柳銀珪(リュウンギュ)さんは、十数年間にわたり、延辺朝鮮族自治州を中心とする中国東北の各地を巡りながら、朝鮮族の暮らしを記録してきた。同時に、朝鮮族の人々が持っていた古い写真を蒐集し、中国における朝鮮族の移住と定着の足跡を記録に残す作業も進めてきた。

 朝鮮族が中国の「紅色恐怖」に震撼していた時代の資料を捜していた柳さんは、ある老写真家と出会う。老人は、「文化大革命」時代に写した膨大な量のフィルムを柳さんに託した。「私が死ぬまで、これを発表してはいけない」と言い残して。中国全土を揺るがした「文革」には今も明らかにされていない部分が多く残されているという。老写真家は、なぜ、だれにも言わずにフィルムを隠し持っていたのか。

 柳さんは老写真家との10年越しの約束を果たし、このほど1冊にまとめ、発表した。2010年にようやく日の目を見た朝鮮族の人々の受難の記録は、過ぎた時代を生々しく再現する痛恨の記録として、また東アジア現代史の一断面として、深く後世の人々の心に刻まれることだろう。

 日本語訳付き
図書出版土香(韓国)刊
定価3000円(航空便費用共)
注文はメール、あるいはFAXで
メールアドレス=tohyang@gmail.com
FAX=+82・31・393・8661

2010-03-17 8面
뉴스스크랩하기
記事: 統一日報社  
この記者の他のニュースを見る
この一冊セクション一覧へ
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
文在寅は最高司令官職から直ちに降りろ
ブログ記事
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
文在寅大統領、‘韓日軍事情報保護協定’に反対する人物を新任駐日大使に内定
自由統一
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません