ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-07-21 09:14:29
Untitled Document
ホーム > この一冊
2010年03月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
『延辺文化大革命―10年の約束』/柳銀珪・著
朝鮮族の老写真家が著者に託した「延辺の文革」

 韓国の写真家・柳銀珪(リュウンギュ)さんは、十数年間にわたり、延辺朝鮮族自治州を中心とする中国東北の各地を巡りながら、朝鮮族の暮らしを記録してきた。同時に、朝鮮族の人々が持っていた古い写真を蒐集し、中国における朝鮮族の移住と定着の足跡を記録に残す作業も進めてきた。

 朝鮮族が中国の「紅色恐怖」に震撼していた時代の資料を捜していた柳さんは、ある老写真家と出会う。老人は、「文化大革命」時代に写した膨大な量のフィルムを柳さんに託した。「私が死ぬまで、これを発表してはいけない」と言い残して。中国全土を揺るがした「文革」には今も明らかにされていない部分が多く残されているという。老写真家は、なぜ、だれにも言わずにフィルムを隠し持っていたのか。

 柳さんは老写真家との10年越しの約束を果たし、このほど1冊にまとめ、発表した。2010年にようやく日の目を見た朝鮮族の人々の受難の記録は、過ぎた時代を生々しく再現する痛恨の記録として、また東アジア現代史の一断面として、深く後世の人々の心に刻まれることだろう。

 日本語訳付き
図書出版土香(韓国)刊
定価3000円(航空便費用共)
注文はメール、あるいはFAXで
メールアドレス=tohyang@gmail.com
FAX=+82・31・393・8661

2010-03-17 8面
뉴스스크랩하기
記事: 統一日報社  
この記者の他のニュースを見る
この一冊セクション一覧へ
文在寅政権の全体主義独裁を警告する
韓国企業、日本人学生に人気 ~在日の...
「革命政権」に冷淡な同盟 
大統領の国憲びん乱 
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
ブログ記事
涙の七夕・・・父の四九日、永久のお別れ
新・浦安残日録(6)
You Raise me Up
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
自由統一
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません