ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-12-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 教養
2010年02月16日 21:46
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国戦争へ参戦したギリシャ軍の戦死者は183人
トルーマン大統領のおかげで共産化されなかったギリシャは、「6.25南侵戦争」の時、国連軍の一員として空軍(輸送機7機)と陸軍(約1000人の歩兵大隊)を韓国へ派兵した。
趙甲済
2次世界大戦後、ギリシャは共産軍の蠢動で内戦を戦った。トルーマン米大統領が1947年に発表した「トルーマン・ドクトリン」もソ連の威嚇に直面したギリシャとトルコに対する支援を宣言したものだった。
 
トルーマンのおかげで共産化されなかったギリシャは、「6.25南侵戦争」が勃発するや国連軍の一員として韓国に空軍と陸軍を送った。7機の輸送機で構成された空軍と約1000人の歩兵大隊だった。ギリシャ陸軍は米軍部隊に配属されて戦った。
 
休戦直前の195361718日、ギリシャ軍部隊は米軍と共に鉄原付近の「鉄の三角地帯」の高地を中共軍の攻勢から防御した。何回も肉弾戦まで戦った。この戦闘でギリシャ軍と米軍は戦死114人、負傷419人、中共軍は戦死者4500人を出した。ギリシャ遠征軍は韓国戦線で戦死者186人、負傷者610人を記録した。
 
もし、ギリシャが再び危機に陥れば、韓国は連隊級の戦闘部隊を送って1000人の死傷者を出す戦闘を敢行するだろうか? 「それは昔のことで、今は違う」といいながら派兵をしないと、そのような国は国際的に軽蔑の対象になり、そういう国の国民は拉致の標的になる。
 
*ギリシャ軍の参戦記念碑
 
建立日1974.10.3(驪州郡加南面五山里)
 
碑文の内容
「幸福は自由の中にあり、自由は勇気の中に宿るという信念を持ったギリシャの勇士たち! 正義のため献身した186人の高貴な生命の上に光栄あれ!
 
www.chogabje.com 2009-08-08 11:50
뉴스스크랩하기
教養セクション一覧へ
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(2)
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(3)
積弊清算の終着点となった李明博元大統領
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(4)
大統領らの内乱行為を指摘 
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第5章 私達の魂に働きかける諸力について
検察とJTBCが共謀した反乱の証拠、「タブレットPC」の真実
沈在哲国会副議長の警告通り、今が内乱中であるがどうかを徹底して討論してみよう!
大韓民国を‘スパイたちの天国’にすると決めたか
‘金日成主義者たち’を大挙重用したのはなぜか
自由統一
金正恩の出方を探る国連
金正恩、核武力の完成を宣言
北漁船の漂着相次ぐ
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません