ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-07-09 12:52:34
Untitled Document
ホーム > アーカイブ > 小説
2009年09月09日 10:03
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
序曲(38) 金鶴泳

 伊吹と飲んだつぎの日は、祥一はほとんど自分の部屋にこもっていた。
 朝食は、いつものようにトーストとコーヒーで済ませた。遅い昼食として、近くのラーメン屋でラーメンを食べた。ラーメン屋だったら、アパートから歩いて五分たらずのところにあるのである。近い代わりに、狭くて、汚ならしい店で、味もひどくまずい。駅の近くの河野屋まで行くのがよほど面倒なときだけ、たまにそこに寄る。
 遅い夕食も、ラーメン屋より少し先にある洗湯に行った帰りに、やはりそのラーメン屋でチャーハンを食べた。
 午後二時すぎ、遅い昼食を済ませてアパートに戻ったとき、トイレから出てきた伊吹とばったり顔が合った。
「やあ」
 と伊吹は笑いもせずにいった。
「やあ」
 と祥一も応えた。
「いま起きたところかい」
「うん、明け方まで本を読んでいたもんだから」
 昨夜のことはすっかり忘れているような表情だった。


「いまそこのラーメン屋でラーメンを食ってきたところだ。駅まで出るのが面倒臭いもんだからね」
 祥一がいうと、伊吹は無言のままちょっと笑いを浮かべ、自分の部屋に入って行った。
 祥一の部屋の、机のすぐ斜向かいの窓先に栗の木が立っている。枝が窓ガラスのすぐ近くにまで伸びていて、少し風が吹いただけで、枝が窓ガラスに触れる。今日は、風はほとんどなく、葉が雨に打たれるたびに微かに上下に揺れている。時折本から目を離しては、祥一はぼんやり栗の葉を眺めた。
 読んでいるのは、相変わらず小説である。このところ、彼は、もっぱら第一次戦後派作家の作品を読んでいる。野間宏の『暗い絵』、椎名麟三の『深夜の酒宴』、武田泰淳の『蝮のすえ』などは殊に面白かった。いまは大岡昇平の『野火』を読んでいるが、これも面白い。文章に格調の高さを感じた。
 文学にまったく関心のなかった祥一が、にわかに小説を読み出したのは、去年の秋からである。ほんのちょっとしたきっかけで、彼は水を得た魚のように小説を読み出した。
 あれは、去年の九月下旬の、一週間ばかりにわたって行われた期末試験が終った日だった。最終日の試験は統計学の一課目だけで、十時半に彼たちは憂鬱な試験から解放された。
 試験が終ると同時に、同級生のある者は、
「ほいほい」
 などと奇声をあげ、何人かと誘い合せて早速麻雀屋に出かけて行った。
 期末試験が終ったというのに、なぜか祥一の心はいっこうに弾まなかった。試験のための気のない勉強に、気を張り詰めてきた反動のせいだろうか。彼は、何か、エアポケットにでも落ち込んだかのように、ひどく空虚な心持だった。
 彼には、友人らしい友人がひとりもいなかった。誰か友人でもいれば、これから一緒にどこかの喫茶店に行くなり、映画でも観に行くところだが、そうした相手もいなければ、そうした気分にもなれなかった。
 洋子に逢いたいと思ったが、洋子はその日京都に出張中だった。洋子の勤めているN化粧品会社は、本社は渋谷だが、化粧の仕方を教えるサービスルームというのが池袋にあった。洋子はそちらの方で仕事をしていて、月に二、三回は、地方の美容院などに出張するのである。

1984年8月10日4面掲載

1984-08-10 4面
뉴스스크랩하기
小説セクション一覧へ
金永會の万葉集イヤギ 第15回
金永會の万葉集イヤギ 第16回
金永會の万葉集イヤギ 第17回
ソウルを東京に擬える 第31回 居酒...
韓商新会長に柳和明氏
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません