ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-11-30 12:33:46
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2009年09月06日 02:15
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「盧武鉉市民焼香所」を放置した警察を職務遺棄で告発しよう!
「光化門広場」に(不法に)テントを張って住めば警察は放置するのか?
金成昱
誰かが「光化門広場」に(不法に)テントを張って住めば警察は放置するのか?
盧武鉉前大統領の自殺(2009523)直後、ソウル都心真ん中の「大漢門」前に設けられたいわゆる「市民焼香所」は明白な不法施設だった。警察は、「市民焼香所」が不法施設であることを知りながら、2009624日撤去されるまでこれを放置した。しかも撤去したのは警察でなく「国民行動本部」など市民団体の会員たちだった。
 
「市民焼香所」の周辺は反政府扇動を超えて、一種の体制転覆の煽動場だった。「第2の民衆抗争を通じて殺人魔の李明博を追出せ」という姜希南牧師(66日自殺)の遺書の内容が書かれた大型プラカードがかかり、「焼香所」の周りは政権打倒を主張するあらゆる宣伝チラシや落書きなどが溢れていた。
 
警察は、現職大統領に対する悪態や呪い、悪口はもちろん、大韓民国の体制転覆を唆す宣伝・扇動の不法施設を放置し、ソウル市民に極度の不便と不快感を誘発した。「市民焼香所」の様子を伝える映像と写真がTVや新聞などあらゆるメディアを通じて全国に報道されたことで、国民的安保不安感も増幅させた。
 
刑法第122(職務遺棄)は、「公務員が正当な理由なしにその職務の遂行を拒否するかその職務を遺棄した場合は、1年以下の懲役か禁固、あるいは3年以下の資格停止に処する」と定めている。2009523日から624日まで続いた警察の行動は正当な理由なしに民選大統領の打倒や体制転覆を扇動する不法施設を放置したことで、刑法第122条の職務遺棄罪を犯したと見られる。
 
警察が自らの職務遺棄に対して反省せず、むしろ「市民焼香所」の喪主を自称した者たちの根拠のない告訴・告発を理由に、「市民焼香所」という不法施設を撤去した市民団体の幹部を立件したのは恥ずかしいことだ。警察が厳格な法適用を理由として挙げるなら、市民たちも職務遺棄行為を理由に警察を告発するしかない。
 
www.chogabje.com 2009-09-04 22:05
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
ソウルを東京に擬える 第16回 ...
北韓の過酷な生活を伝える
民団とともに在日社会の発展を
朝鮮学校も罠に利用する道具
観客を魅了する魂の踊り
ブログ記事
ウィル・スミスとプーチン
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません