ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-07-09 12:52:34
Untitled Document
ホーム > アーカイブ > 小説
2009年09月04日 14:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
序曲(37) 金鶴泳

 あくる日は、また梅雨空に舞い戻り、暗い雨が朝からじくじくと降っていた。
 祥一は、朝九時すぎに目醒めた。
 階下の洗面所に降りて行くと、岡田がそこの小さな鏡に向かい、髭を剃(そ)っていた。
「おはよう」
「おはようございます」
 洗面所の反対側が共同炊事場になっていて、そのすぐ横が伊吹の部屋のA号室である。ドアは閉じられ、中からは何の物音もきこえなかった。まだ寝ているのだろう。
「ゆうべは、どうだった。勝ったかい」
 歯ブラシの上に、チューブの歯磨き粉を押し出しながら祥一はきいた。
「いやあ、駄目でした。ここんところどうも調子が出ません」
 剃り終った顔を、岡田は水道の水で洗った。タオルで顔を拭き、窓の外に目をやった。
「また雨ですね。なかなか梅雨が明けませんね」


「さっきのラジオのニュースによると、近畿地方はもう梅雨が明けたそうだ。東京ももうじき明けるだろう」
「早くスカーッと晴れ上がって貰いたいですね。こういう雨は、気が滅入ってしようがない」
 岡田はそういって二階に戻って行った。岡田も、気が滅入ることがあるわけか、と思いながら祥一は歯を磨きはじめた。こういう雨は好きですねえ、といったいつかの伊吹の言葉が胸をかすめた。
 昨夜、伊吹は、石塀にもたれてしばらく涙を流したあと、こんどはしっかりした足どりで歩き出した。手の甲で涙をめぐい、
「いや、どうも、醜態をさらしちゃって……」
 祥一は、かけるべき言葉を見出せなかったので、黙ったまま歩いた。やや歩いてから、気分を転ずるように、
「君は、どうして留年することにしたんだい」
 とたずねた。
「ひとりになりたかったからだ」
「安保と関係があるのかい?」
「安保?」
「君も安保には反対じゃなかったのかい」
「いや、反対も何も、俺は安保問題には関心がなかった」
 女子学生が一人死んだほどの大騒動だったのに、伊吹は安保問題に関心がなかったというのだろうか。学生自治会の委員をしていたからには、伊吹は当然安保反対運動に熱心だったと思っていたが……。
「だって、君は自治会の委員だったんだろう」
「委員は二年でやめた。それに、委員といったって、ほとんど名目的なものでね。俺が何かいったって、ちっとも意見が通りやしない。自治会の中にいても、俺はただの傍観者にすぎなかった」
 風が強く吹きつけてきた。伊吹は空を見上げた。涙を流したあとのせいか、さっぱりした顔をしていた。酔いもすでに消えてしまったかのようだった。
「そう、俺は安保問題には関心がなかった」
 伊吹は繰り返した。
「安保がどうなろうと、日本がどうなろうと、そんなことは構わないと思っていた」
 その言葉は、祥一には、ヤケというより、過激にきこえた。祥一は黙っていた。
 さっきの伊吹の突然の涙が、まだ祥一の中で波紋を残していた。
<伊吹は涙を知っている>
 祥一は、伊吹にいちだんと親密なものをおぼえていた。

1984年8月9日4面掲載

1984-08-09 4面
뉴스스크랩하기
小説セクション一覧へ
金永會の万葉集イヤギ 第15回
金永會の万葉集イヤギ 第16回
金永會の万葉集イヤギ 第17回
ソウルを東京に擬える 第31回 居酒...
韓商新会長に柳和明氏
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません