ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-11-30 12:33:46
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2009年06月14日 23:56
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
金大中がまた出放題の扇動!
「行動しない良心は悪の味方」という言葉を、金正日に対し行動しなかった金大中自身に返さねば。
趙甲済
金大中元大統領は6月11日、「行動しない良心は悪の味方」と言い、「私たち皆が行動する良心になって、自由と庶民経済、平和な南北関係を護るため皆立ち上がらなければならない」と促したとニューシスが報道した。
 
金元大統領は、この日、ソウルの汝矣島63ビルディングで開かれた「6.15南北共同宣言9周年記念行事」での特別講演を通じて、「独裁者に頭を下げてへつらうのをやめよう。この地に独裁がまた蘇えり、貧富の格差が歴史上最悪になり、戦争の道(脅威)がある」と言い、こう話したという。
 
ここまで読めば、金氏は、悪で独裁であり、貧富の格差を世界最高にし、戦争への道を開いている金正日政権に対抗して、皆立ち上がれと促しているように聞こえる。
 
ところが、そうでなかった。金大中は、李明博大統領を悪で独裁者であり、民主主義からの逆行者で、貧富の格差を歴史上最悪にした人だと攻撃した。事実上、李明博政府の打倒を扇動した。
 
こういう扇動をやった人は、主敵の首魁に現代グループを利用して人類歴史上最高額の賄賂を送った人ではないか? 世界金融危機中でも韓国経済をこの程度で護っている大統領に向かって、「最悪」という悪態はあまりではないか?
 
金正日がやっていることや金大中氏がやる言動が、ますます天下の大勢を逆行する。金大中氏は、コメディーのような言葉も残した。金正日がアメリカから悔しいことをされていることに対して同情を表わしたのだ。
 
金大中元大統領は、なぜこのように出放題を言うのか。なぜ、このように世の中の事が分からない話ばかりをするのか。なぜ、このように過激な話だけを言うのか? 何が彼をそこまで苛立たせているのか? 金正日が核とミサイルを開発するのに、金大中政権が国家情報院を通じて巨額のドルを送った事実のほかに、何かがまたあるということなのか?
 
南北関係で、何か途方もない事件が迫り来つつある予感でもしているのだろうか? 国民が選んだ政府に対し独裁と規定するなら、国民は案山子なのか? 有権者たちをこのように冒涜した人が「民主の闘士」なのか、それとも扇動家なのか?
 
金大中氏は、まず、3代目の世襲の金正雲に対し、自らの立場を表明しなければならない。国民が選んだ大統領を独裁者と見る人が、なぜ20代の青二才が後継者に指名されたというのに沈黙するのか? 80代後半の老駆を引っ提げて、孫程度にもならない金正雲を平壌まで訪ねて会うつもりか?
 
こういう人が大韓民国の大統領職に5年間もいたのに、この国が亡びなかったのは、李承晩と朴正煕が何しろ基礎工事をしっかりやったおかげであろう。祖国に対する有り難みの知らない人、虐殺者に対する怒りのない人、北韓同胞に対する同情心のない人、その名は金大中だ。
 
www.chogabje.com 2009-06-11 22:39
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
ソウルを東京に擬える 第16回 ...
北韓の過酷な生活を伝える
民団とともに在日社会の発展を
朝鮮学校も罠に利用する道具
観客を魅了する魂の踊り
ブログ記事
ウィル・スミスとプーチン
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません