ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-02-25 05:47:38
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2009年06月11日 19:39
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
金正日から「委員長」の肩書きを外したわが国防長官!
李相憙長官のメッセージに小気味がいい。北韓政権を反民族、反人権、非理性的な無責任集団と規定!
趙甲済
李相憙国防長官は、6月8日、全軍に送った「長官のメッセージ」を通じて、「敵が挑発した時、現場の指揮官が作戦を終結するようにせよ」と再度強調した。李長官は、メッセージを通じ、「敵が挑発してくる時は、断固として明確な、われわれの原則に従い、すなわち現場で現場の指揮官が現場で動員できる合同戦闘力をもって、最短時間内の勝利で作戦を終結しなければならない」と指示し、金正日政権を強く批判した。
 
「北韓政権は、人民の暮しと幸福よりは、彼らの政権維持を優先視する不道徳かつ無責任で、反人権的集団であり、非理性的で閉鎖的なため、彼らの政治的な目的のためには、反民族的挑発行為も憚らずにいる。北韓の金正日は、経済基盤が疲弊し住民たちが飢えるみじめな現実は度外視したまま、核開発やミサイル発射、そして緊張造成を通じて、ひたすら政権の世襲のための後継構図の構築に血眼になっている。」
 
李長官のこのメッセージは、最近11年間の政府の責任者から出た最も強硬な、だが正確な発言だ。金正日政権を反民族的、反人権的、非理性的な無責任集団と規定したのも堂々としていて気分が良い。
 
守旧左翼たちの媒体らが、これに文句をつけているが、金正日政権の本質を直撃した李長官に拍手を送る人々がはるかに多い。力のある言葉とはこういう場合をいうものだ。彼は金正日に「(国防)委員長」という呼称を付けず、憲法上の「反国家団体」である北韓政権を「集団」と規定した。小気味がいい。
 
国軍と国家の権威を高めたメッセージに拍手を送る。
 
www.chogabje.com 2009-06-11 01:34
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
群馬の追悼碑撤去の背景
3機関長立候補者が出そろう
任氏の立候補資格で紛糾
李承晩『独立精神』120年を経て初邦訳
3機関長選合同演説会始まる 18日の...
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
精神論〔1758年〕 第三部 第26章 どの程度の情念を人々は持ち得るか
保守かリベラルか
自由統一
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません