ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-11-22 12:59:03
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2009年06月05日 06:40
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今は声が大きい人が勝つ時代!
健全な国民が声を高めるべき時だ。今、最も効率的な方法は電話とインターネットのコメントだ。
趙甲済
「大衆民主主義社会」では声の大きい人が勝つ。いくら善良でも声を出さないと無視される。少数の「ノサモ」(盧武鉉を愛するグループ)が「弔問政局」を揺るがしているのは、彼らが一生懸命で攻撃的であるためだ。国を心配する多数国民はおとなしく礼儀を尽くそうとする。声を高めることを生来的に嫌う。そうするから、言論と政治家や公務員らから無視される。
 
政治家と公務員、そして大統領は、自ずから声の大きな人々の意見を尊重する。まともな大統領は、表現されない世論、すなわち沈黙する多数の世論を尊重しようとするが、李明博大統領は声の大きい人々に臆して気を抜かれ、沈黙する多数を無視して失望させ、背信感を味わわせたのが一度や二度でない。
 
健全な国民が声を高めるべき時だ。現在として最も効率的な方法は電話と(インターネットの)コメントだ。自身の懸念や希望をインターネットに書き、言論機関-政党-政府-ノサモの事務室に電話をかけて丁重に自分の意見を言うことだ。手紙を書く方法もあるが機動性では落ちる。
 
「ノサモ」類の人々より、文と言葉のレベルが高く、多くなければならない。声と声との対決で、質と量で圧倒しなければならない。最も効果的な世論形成の方法は、言論従事者らに対する電話だ。いくら偏向した見解を持った記者でも、鋭い電話一通に崩れることがある。
 
こういう具体的な行動を持続的にやれば、世論と流れが形成される。「民主市民」は、根本的に行動する市民だ。自らの権益が踏みにじられても、共同体が破壊されるのを見ても沈黙する「善良な人々」を同情し支援してくれる天使はいない。自らの安全と利益と価値は、自らの努力で護らねばならない。これが民主市民の「自主国防」である。
 
www.chogabje.com 2009-05-25 11:17
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
ソウルを東京に擬える 第15回 政治の舞台
北韓の過酷な生活を伝える
民団とともに在日社会の発展を
観客を魅了する魂の踊り
【社説】大韓民国は北韓解放のためにも...
ブログ記事
ウィル・スミスとプーチン
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません