ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-11-30 12:33:46
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2009年05月23日 14:21
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「われわれの時代を欠損時代にした人の死」
李東馥
われわれの時代を欠損時代にしてしまった誤発弾人生
 
 第17代大統領の盧武鉉氏が、大統領任期を終えて帰郷した郷里の裏山の崖から衝撃的な方法で彼の生涯を終えた。結局、彼は騒々しかった彼の誤発弾人生を彼だけの方式で自ら果たすことで、彼が我々と共有した時代を一つの欠損時代にしてしまった。彼は逝(ゆ)きながらも、同時代を生きた韓国人に苦悶(くもん)を残した。いったい哀悼すべきなのか、でないと、罵倒せねばならないのか?  ただ、彼の死が改めて想起させてくれるものがある。2004年7月にあった大宇建設の南相国社長の自殺だ。盧武鉉氏が故南相国氏のような方式で死ぬ道を選択したのは、明らかにアイロニーと言わざるを得ない。われわれは今さら二つの死を対比しながら、今度盧武鉉氏の死亡の便りに接する故南相国氏の遺族たちの感懐がどんなものだろうか案ずることになる。
 
www.chogabje.com 2009-05-23 11:50
 
「だれも恨むな」 盧武鉉・前大統領がPCに遺言
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
ソウルを東京に擬える 第16回 ...
北韓の過酷な生活を伝える
民団とともに在日社会の発展を
朝鮮学校も罠に利用する道具
観客を魅了する魂の踊り
ブログ記事
ウィル・スミスとプーチン
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません