ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-11-22 12:59:03
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2009年05月11日 03:59
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
大統領の力は法と言葉なのに...
大統領が、「一生懸命にやってはいるようだが、業績と言えるものがない」と言われたくないなら、法と言葉をもって武装しなければならない。
趙甲済
大統領の持つ最も強力な二つの力は、法と言葉だ。法治の管理者、法の執行権者が大統領だ。法の執行は、だが、自らが遵を守る人でこそ、きちんとできる。変則が乱舞する建設業界で長く勤めた李明博大統領としては弱点と言えそうだ。
 
言葉は、大統領が理念と信念で武装されてこそ、力強く言える。李大統領は、就任するやいなや理念を軽蔑する発言を言い、その後の行動でも理念と信念が失踪した。
 
それでも李明博大統領がこの程度まで持ち堪えるのは、勤勉さと勝負根性のおかげだ。法と言葉は、勤勉さに一貫性や体系を与える。忙しいものの、何をやったのか分からないという話をする人は、一貫性が足りなかったためだ。
 
大統領が、「一生懸命にやってはいるようだが、業績と言えるものがない」と言われたくないなら、法と言葉をもって武装しなければならない。
 
www.chogabje.com 2009-05-11 01:16
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
ソウルを東京に擬える 第15回 政治の舞台
北韓の過酷な生活を伝える
民団とともに在日社会の発展を
観客を魅了する魂の踊り
【社説】大韓民国は北韓解放のためにも...
ブログ記事
ウィル・スミスとプーチン
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません