ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-02-20 12:44:45
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2009年05月03日 05:04
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
暴力に対してはもっと強力な暴力で対応しなければ
左翼暴徒を平和的に鎮圧しろと注文する者らは「公共の敵」だ。
趙甲済
鉄のパイプを持ち、石や火炎瓶を投げる不法暴力の示威隊に対しても、警察が平和的に鎮圧すべしと主張する者らが多い。彼らは金正日が南侵すると国軍に対して暴力を使わず平和的に対応しろというだろう。反逆者か偽善者たちだ。このような間抜けらが政治家や知識人の振舞いをしているため、「これでは国でもありません」という言葉をよく聞かれる。
 
シェークスピアの作品の「ベニスの商人」で、判事はユダヤ人の高利貸屋に、契約通り借金を返せなかった人の肉を一ポンド切り取ってもいいが、「血は一滴も流してはいけない」と判決する。暴力示威を鎮圧する時、警察が暴力を使ってはならないと主張する者らは、韓国警察を「ベニスの商人」になるよう主張をする格好だ。
 
暴力は暴力を以てのみ制御できる。暴徒らの暴動を鎮圧する時は、暴徒の暴力よりもっと強力な暴力を使わなければならない。「公権力」とは正しい暴力であり合法的な暴力だから躊躇なく使わなければならない。
 
体制を転覆しようとする左翼暴徒が火炎瓶を投げると、放水車や催涙弾を動員せねばならず、それでも制圧できない時は最後の手段として銃も撃ててこそ体制と治安と法治が保てる。右派の示威に対しては断固として鎮圧する警察が、左翼の暴力示威に対しは怖じける。こういう卑怯な精神では左翼に敵えない。
 
左翼の暴力に対し平和的な処方を強調するにせ物の平和主義者らの正体を暴くことが、法治の確立の一つの方法だ。
 
www.chogabje.com 2009-05-02 22:51
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
群馬の追悼碑撤去の背景
民団中央が定期大会公告
3機関長立候補者が出そろう
任氏の立候補資格で紛糾
3機関長選合同演説会始まる 18日の...
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
精神論〔1758年〕 第三部 第26章 どの程度の情念を人々は持ち得るか
保守かリベラルか
自由統一
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません