ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-24 00:00:00
Untitled Document
ホーム > アーカイブ > 小説
2009年03月22日 10:51
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
序曲(26) 金鶴泳

 やがて、キッチンリバーにさしかかった。商店街から少し外れたところで、すぐ脇がアパートになっている。
 リバーの入口はドア式で、焦茶色の木縁(きぶち)にガラスがはめてある。ドアを押すと、ドアの上の鈴がチリンと音を立てる。
 伊吹と祥一はドアを押して入って行った。「いらっしゃい」コックが威勢のいい声でいった。時間が早いせいか、店内に客は誰もいない。この前のときと同じように、二人はカウンターに向かって坐った。
「ビーフシチューと野菜サラダとライス」
 伊吹は、コックに早速注文の声を発した。ポタージュスープを、今夜は伊吹は注文しない。
 伊吹と同じものを、今夜は祥一も注文した。それから、少しビールを飲まないか、と伊吹にいうと、
「飲もうか」
 生ビールの中ジョッキを二つ、祥一はコックに追加注文した。
「酒の方は行ける口かい」
 祥一は伊吹にたずねた。
「少しはね」と伊吹は答え、「それにしても、金さんはよく飲むねえ」いつだったか、祥一の部屋に安ウイスキーの空き瓶が何本も並んでいるのを伊吹は見たのだ。
「どうして飲むんですか」
 伊吹は「です」調できいた。
「やりきれないからさ」
「やりきれないって、何が」
「生きていることがだよ」
「酒で紛れますか」
「一時的にはね」
「それもひとつの方法だなあ」
「君はやりきれなくないかね」
「そりゃあやりきれませんよ」
「びしょびしょにかい」
 祥一がいうと伊吹は笑った。


「何によって紛らせているんだい。おそらく、岡田は、碁で紛らせているんだろう。君は何によって紛らせている」
「読書は答えにならないだろうな。せいぜい音楽ってところかな」
 たしかに、伊吹は、読書家であると同時に、音楽愛好家でもあった。祥一の部屋にはラジオしかないのに、伊吹の部屋にはかなりいいレコードプレーヤーがある。書棚の隅には、クラシック音楽のジャケットが数十枚並んでいる。レコードを聴くのが伊吹の趣味のようだった。特にモーツァルトが好きだといった。
「バッハもいいな。特にロ短調の序曲がね。あの出だしが好きだ」
 管弦楽組曲第二番ロ短調である。
 伊吹の言葉をきいて、自分たちもいま、人生の序曲にいるようなものだな、と祥一は思ったものである。ただし、こっちの方の出だしはいいなんてものではなく、まったく混沌としている。
「お待ち遠さま」
 店員の若い女性がジョッキを二つ運んできた。祥一と伊吹はビールを飲みはじめた。伊吹はジョッキの三分の一ほどを一気に飲み、手で口元をぬぐいながら、
「ああうめえなあ」
 その口調がおかしかった。少しどころか、伊吹はアルコールの方も結構行けるらしい。
「音楽でやりきれなさが紛れるかい」
 祥一は話題を戻した。
「一時的にはね」
 伊吹は祥一と同じことを答えた。
「瞬間的には、だろう?」
「瞬間の連続ということだってあるよ。永続ってことは、瞬間の連続でしかない」
「無常の連続化による有(う)常化ってわけか」
「ははは」
 伊吹は笑い声を立てた。隅でグラスを拭いていた女子店員が二人の方に目を向けた。

1984年7月25日4面掲載

1984-07-25 4面
뉴스스크랩하기
小説セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません