ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-03-03 00:00:00
Untitled Document
ホーム > アーカイブ > 小説
2008年10月12日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
序曲(10) 金鶴泳

 翌日の午前、祥一は、川瀬が勤めている駅の近くのスーパーに行った。
「あたしも行くよ」
 と母もついてきた。
 三月なかばすぎとはいえ、風はまだまだ冷たかった。それに、空気が乾いている。コートを着ていても冷気が身にしみた。
 純子が出奔したことは、前夜、店から帰ってきた父に報告したが、父は、勝手にしやがれ、といった表情で何もいわなかった。純子の行き先について、心配しているのか、いないのか、父の顔からはわからなかった。たとえ内心心配しているとしても、出奔の原因が自分にある以上、父としてはその表情を顔に出すなどは、いまさらできもしないのだろう。
 スーパーのレジに立っていた女子店員に、
「川瀬さんはいますか」
 ときいた。
「川瀬功さんですか」
 と女子店員はいった。
「そうです」
「おりまずけれど」
 女子店員はいった。とすると、川瀬は純子と一緒に駆け落ちしたわけではないようだ。
「ちょっと呼んで貰えませんか。大事な用事があるもんですから」

 祥一がいうと、女子店員は祥一の脇に立っている母のほうにちらっと目をやり、
「少しお待ちください」
 と奥の方へ行った。
 奥の突きあたりの部屋から、川瀬は女子店員に伴われてすぐに出てきた。
「私、川瀬ですが」
 川瀬は祥一と母を見ながらいった。紺のスーツに白いワイシャツを身につけ、背広よりは少し淡い色の紺のネクタイを締めている。角張った顔をしていて、濃い髪が丁寧に整髪されている。
「ぼく、森本純子の兄です。こちら母です」
 祥一がいうと、川瀬はにわかに相好を崩し、
「ああ、純子さんのお兄さんですか。お噂はよくうかがっています」
 川瀬の表情に、祥一は何かアテが外れたような気がした。こちらが純子の身内と知ったら、川瀬は緊張するのではないかと、思っていた。川瀬の様子からすると、どうやら彼は純子の出奔を知らないでいるようである。
 レジの女子店員にきかれぬよう、祥一は川瀬を店の隅の方に導いて行き、
「じつは、純子が、ゆうべ家を出たきりなんです」
 そういうと、川瀬は、
「えっ」
 とぴっくりしたような目で祥一を見返した。
「どういうことなんですか」
「家出したらしいんです」
「家出?」
 川瀬はさらにびっくりしたような顔になって、
「どうしてですか。何かあったんですか」
 といった。川瀬の様子からして、純子は川瀬としめし合せて家を出たのではないらしかった。「とにかく、あなたにうかがいたいことがあるんです。できたら、ちょっと時間をさいて貰えませんか」
「ええ、三十分ぐらいでしたら」
 川瀬は腕時計を見ながらいった。そしてあたりを見回し、
「ここでは何ですから、近くの喫茶店に行きましょうか」
 川瀬はいって、レジの女子店員に何やら声をかけた。

第3191号 1984年6月30日(土曜日) 6面掲載

뉴스스크랩하기
小説セクション一覧へ
民団選管委、任泰洙候補に「不起訴処分...
「候補の経歴記載」問題で紛糾
在日民団の今後をどう考えるか 民団中...
韓日離間工作の黒幕たち
民団 新団長の「信頼問題」で一時休会
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
中共への依存を深める金正恩
金正恩、断末魔の憤怒爆発
寒波の中の夜間閲兵式
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません