ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 連載
2019年06月05日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
大韓民国の建国史(155)眠っていた経済開発計画を稼働した革命政府

 韓国経済は5・16革命の後、最悪の環境条件を克服し歴史上、類例のない急速な成長を遂げる。  1963年から97年まで年平均7~10%の成長を持続した。この成就はどう始まったのか。
軍事革命政権は経済建設を急いだ。当時、最高会議の法司委員長の李錫濟(後に監査院長)の回顧。
「革命の前、私たちは民主党政府が構想したという経済開発計画に関する資料を得ようと熱心に努力しました。国防大学院で勉強したとき、政府官僚たちが経済開発の青写真があると言いました。ところで、具体的に何がどうなっているかが分かってこそ追従も批判もできるではありませんか。一度でも見れば、基本的な統計があるはずだから、私たちも何とか頭を捻って見ますが、それが得られません。私たちの革命主体の最大の弱点は、経済を知らないことでした。いざ革命を成功させてからは焦りました」
朴正煕はクーデターが成功したと判断した3日後、柳原植大領に人を探すよう指示した。基準は第一、若くて斬新な人物であること、第二、経済開発を勉強したか計画立案の経験を有す実力のある人材、第三は、学界・金融界など幅広い層から人物を見つけることだった。柳原植大領が選んだ人々は、復興部の企画局長と調整局長を務めた宋正範(37歳)、復興部の産業開発委員会補佐委員に参加経歴の白鏞粲(32歳)、産業銀行に勤めていた金聖範、財務部司税課長だった鄭韶永などだった。彼らはわけも分からず、憲兵に連れられて最高会議に呼ばれて行った。
朴正熙は彼らに「革命は私たちがやりましたが、若い皆さんが私たちを支えてくれねばなりません。私たちの革命の目的は、国民を豊かにすることです。経済を興すためには、まず総合的な計画が必要です。その計画を皆さんに作ってほしいのです。私が柳大領に言っておきますから、難しいことがあれば柳大領が積極的に解決してくれるはずです」
鄭韶永、金聖範、白鏞粲などが作業していた部屋には、国家再建最高会議総合経済企画委員会という長い名前が付けられた。3人はまず、以前の政府の開発政策資料を参照するため、各部処の資料を収集した。当時、政府には2種類の経済開発計画があった。一つは、自由党政府の復興部傘下の産業開発委員会が59年12月21日に作成した「経済開発3カ年計画の概要」と「壇紀4292年度(西暦1959年)価格基準による経済開発3カ年計画」。発表から半年も経たず4・19で霧散した。
もう一つは、民主党政府の復興部産業開発委員会が作成した「第1次経済開発5カ年計画(試案)」だった。これは自由党政府の計画を批判的に検討して新しく作成した試案だった。
つまり、1962年に始まった第1次経済開発5カ年計画は、李承晩政府のとき、立案された内容だ。当時、復興部長官の宋仁相は58年、復興部傘下に産業開発委員会を設置、専門家たちを動員して経済開発計画を策定した。当初、7年計画で出発したが、まず3カ年計画を作成し、これを施行する過程で得る経験を生かして残りの4カ年計画を推進するという段階別戦略を樹立した。59年12月、経済開発3カ年計画が完成し、60年4月15日に閣議を通過した。だが4日後、4・19が起きて張勉政府に承継された。
張勉政府は61年3月に経済開発3カ年計画をもとに、経済開発5カ年計画を完成した。
(つづく)

2019-06-05 3面
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません