ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-04-09 17:37:20
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2017年07月12日 17:07
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瀬戸際戦術を駆使し米国との平和協定締結を
狙う北韓の戦術とは

金暎勲 駐ワシントン本紙論説委員

 冷戦時代の開発競争は、ミサイルを軸に行われた。北韓は核爆弾を開発し、運搬手段として、今般のICBMを開発した。
北韓は6・25戦争の休戦後、核開発に着手し、これまでに5回の地下核実験を行っている。核の製造能力は確保したが、運搬手段や保管手段はまだ持っていない。
北の核・ミサイル開発に対し、各国は対話や制裁を行ってきたが、何の成果もなかった。トランプ政権はこうした観点に立脚し、新たな手を打っている。
北韓のICBMが、期待される機能をはたすことができるかは不透明だ。だが、2020年から25年までの間には、ICBMとしての役割を果たすだろう。
文大統領は「対話と圧力」の並進路線をとるようだ。しかし北は、文大統領への敵対的な態度を改めるそぶりもない。
核・ミサイル開発は、米国との協商のための高度な技術だ。「瀬戸際戦術」を駆使しながら、米国との対話を引き出そうとしている。そこでもっとも重要な人物が文大統領なのだ。
すでにロシアは北韓と接触し、対話の可能性を広げている。ロシアのスプートニクは「米国が北に対する核攻撃を中断すれば、対話の用意がある」と伝えている。
北韓が目指す対話の終着点は、「平和の保障」、つまり米国との平和協定締結だ。これが成し遂げられれば、北韓は「低い段階の連邦制」を論議しながら、急速に統一を進めるだろう。これは金大中・盧武鉉との間で、北が準備してきた事案だ。

2017-07-12 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
在日民団50年ぶりの紛糾 
「本質をすり替えるな!」
民団中央 新三機関長が選出
民団大阪も一騎打ち
李熙健・新韓銀行名誉会長10周忌
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
韓国法院が金正恩に賠償命令
チャンマダン閉鎖を命令
中共への依存を深める金正恩
金正恩、断末魔の憤怒爆発
寒波の中の夜間閲兵式


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません