ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2017年07月12日 17:07
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瀬戸際戦術を駆使し米国との平和協定締結を
狙う北韓の戦術とは

金暎勲 駐ワシントン本紙論説委員

 冷戦時代の開発競争は、ミサイルを軸に行われた。北韓は核爆弾を開発し、運搬手段として、今般のICBMを開発した。
北韓は6・25戦争の休戦後、核開発に着手し、これまでに5回の地下核実験を行っている。核の製造能力は確保したが、運搬手段や保管手段はまだ持っていない。
北の核・ミサイル開発に対し、各国は対話や制裁を行ってきたが、何の成果もなかった。トランプ政権はこうした観点に立脚し、新たな手を打っている。
北韓のICBMが、期待される機能をはたすことができるかは不透明だ。だが、2020年から25年までの間には、ICBMとしての役割を果たすだろう。
文大統領は「対話と圧力」の並進路線をとるようだ。しかし北は、文大統領への敵対的な態度を改めるそぶりもない。
核・ミサイル開発は、米国との協商のための高度な技術だ。「瀬戸際戦術」を駆使しながら、米国との対話を引き出そうとしている。そこでもっとも重要な人物が文大統領なのだ。
すでにロシアは北韓と接触し、対話の可能性を広げている。ロシアのスプートニクは「米国が北に対する核攻撃を中断すれば、対話の用意がある」と伝えている。
北韓が目指す対話の終着点は、「平和の保障」、つまり米国との平和協定締結だ。これが成し遂げられれば、北韓は「低い段階の連邦制」を論議しながら、急速に統一を進めるだろう。これは金大中・盧武鉉との間で、北が準備してきた事案だ。

2017-07-12 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
「自由民主市民統合連帯」結成を呼びかけ
北韓人権問題に消極的な日本当局
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません