ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-10-17 04:37:15
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2017年02月22日 21:29
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 確かな目を持つはずのプロでも、見当が外れることはままある。韓国でも一定のファンを持つ日本のドラマだが、目利きが探してきた作品でも、なぜかリメークものは当たらないのだとか▼韓国のファンは、日本のドラマは脚本が優れているという。舞台を韓国に変える段階で、多少設定をアレンジすることはあっても、似たような制度や文化を持つ国同士である。ましてやプロが手を入れている。原作の魅力はそうそう損なわれないはずなのだが…▼少し昔のドラマだが、韓国でリメークしてみたらどうなるだろうと思う作品がある。ドラマ「リーガルハイ2」だ。堺雅人演じる無敗の弁護士が、保険金目当てで夫を毒殺した疑いをかけられた安藤貴和を無罪にしていく過程がベースに描かれている▼長ゼリフを一気にまくしたてるのは堺雅人の得意とするところだが、作品の中でもそれはいかんなく発揮されている。メディアに”クロ”と決めつけられ、世論も死刑を求めている貴和の弁護で彼はこう言う▼「警察も、マスコミも、日本中誰もが彼女が犯人だと決めつけていました。初めから用意された結論に向けて証拠が積み上げられていたんです。こんなに恐ろしいことがあるでしょうか」▼今の韓国に持っていけば、さぞかし話題になるドラマだろう。確かな目を持たない素人の意見であるが、意外なヒットになるかも?▼ちなみにこの前後にもセリフはある。この長ゼリフ、韓国でやるなら誰が適役だろう。楽しみである。手を挙げる俳優がいれば、だが。

2017-02-22 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
決戦に出た脱北者
臨界値を超えた韓国社会 
「文在寅打倒」対「曺国守護」の大衝突
巨悪の標本の法務長官を強制捜査
韓国メディアはなぜ信頼を失ったか?
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません