ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-24 08:06:40
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年12月14日 09:32
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 早いもので2016年も残り半月となった。ネオンに照らされた人影が揺れながら駅に向かう。忘年会帰りなのだろう▼ところで韓国では、「忘年会」に代わって「送年会」という呼び方が一般化している。「忘」の字と響きがよろしくないらしい▼だが今年を振り返ると、「送り出したい」思い出よりも「忘れたい」できごとの方が多かった気がする。在日韓国人も、集まれば自然と、大統領をめぐる「忘れたい事件」の話題になる▼そんな年の瀬に、心温まるニュースがあった。児童相談所にランドセルを贈った「伊達直人」さんが名乗り出た。伊達直人とは漫画タイガーマスクの主人公の名で、最初に寄付をした男性は、幼少期にランドセルが買えず、つらい思いをしたという▼最初の寄付は2010年のクリスマス。メディアに報じられると、同様の動きが各地に広まった。東京韓国学校には「洪吉童」の名で文具などが贈られた。そう言われれば…と思い出す方もいらっしゃるだろう▼名乗り出た男性は「子どもたちは虐待されるために生まれてきたんじゃない。抱きしめられるために生まれてきたんだ。子どもたちは涙を流すために生まれてきたんじゃない。笑顔になるために、周りの人を笑顔にするために生まれてきたんだ」との思いを胸に、今後も活動を続けていくという▼児童虐待の件数は年々増えている。この一年、忘れたい嫌なことは誰にもあっただろうが、忘れないために何かに思いをはせる余裕を、師走にこそ見出したい。

2016-12-14 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
ブログ記事
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
張夏成(文在寅大統領の政策室長)の二極化主張の虚構
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません