ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-07-28 08:18:42
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2016年12月01日 10:20
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
北韓の人権状況を特別講演
北京に続き2回目 都内で統一アカデミー開催

 統一アカデミーは11月26日、東京で特別講義を開いた。同アカデミーは開かれた北韓放送の元メンバーらを中心に韓国で設立され、外国で学ぶ韓国人学生や現地在住の韓国人に、北韓の人権状況と統一について考えてもらうことを目的としている。

荒木氏の講義の様子

 北京に続き2回目の海外講義となった東京では、特定失踪者問題調査会の荒木和博代表、李ヨンジョン中央日報記者、宋允復NO FENCE副代表、韓基弘・北韓民主化ネットワーク代表が、講義を行った。日本大学4年の鄭允喜さんは「北の解放に対する活動を少しでも行いたい」と述べた。
統一アカデミーの姜信三代表は「北韓を変えるためには国外の韓国人が現地の社会に訴えることも重要だ」と、特別講義の意義を語った。

2016-12-01 3面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
東京でも「金正恩を許すな」
文在寅政権の全体主義独裁を警告する
韓国企業、日本人学生に人気 ~在日の...
「革命政権」に冷淡な同盟 
大統領の国憲びん乱 
ブログ記事
涙の七夕・・・父の四九日、永久のお別れ
新・浦安残日録(6)
You Raise me Up
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
自由統一
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません