ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-03-24 08:20:48
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年10月26日 17:17
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 民団の創団70周年を祝う行事が盛大に行われた。70年前の人たちが当日の様子を見たら、「こんなに立派な式典を後輩たちが開くことになろうとは」と驚くに違いない。在日韓国人社会も、それをとりまく日本社会も、70年で別世界のように変わった▼想像してみる。70年前の人たちが何に驚くだろうかと。まずは、制度上の差別がほとんどなくなったことだ。日本人が抱く韓国のイメージにも腰を抜かすだろう。キムチを好んで食べ、韓国の歌やドラマを楽しむなど、1940年代には思いもよらなかっただろう▼韓国が世界有数の国家に発展していると聞いたら「嘘だろう」と笑われるかもしれない。子どもでも小さな電話を持ち運び、それを世界で一番多く作っているのが韓国の会社だと聞いたら「冗談もいい加減にしろ」と怒られるか▼一方、70年経っても変わっていないと嘆くのは何だろうか。ヘイトスピーチにみられるように、一部の日本人に根強い韓国人蔑視が残っていることだろうか。それとも、祖国がいまだに分断されたままになっていることだろうか▼70年前の彼らと同じように、今を生きる私たちが70年後の未来を見通すのは難しい。民団は今よりも成長しているか、衰退しているか。今の人口減少・組織縮小傾向が続けば、憂うべきは後者である▼70年後、在日韓国人社会がどうなっているか、私たちの誰もその目で見ることはなかろう。その点で残念だったのは、それを記憶にとどめるであろう青少年の姿がほとんどなかったことである。

2016-10-26 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
ソウルで太極旗集会の現場から…
「日本人漁民50人以上を殺した」
太極旗革命をもって大韓民国の未来を
親族虐殺者の部下を認めた朝総連
朴大統領 弾劾決定
ブログ記事
”若い世代が統一のための体力を作る”、韓国若者たちの誓い
国会内に大韓民国の敵がいると一喝する金鎮台議員
禹鍾昌記者が憲法裁判官8人を相手に損害賠償訴訟を提起
韓国保守革命の希望、金鎮台議員
崔順実事件を捜査した検察発表の虚構
この一冊
『婦人会画報 絆』第1巻第4号
『婦人会画報 絆』第1巻第3号
『在日本大韓民国婦人会画報』第2号
菜食主義者
中国朝鮮族を生きる 旧満州の記憶
自由統一
「日本人漁民50人以上殺した」
「北の脅威を抑制」
「在日米軍が標的」
遺体は誰か 死因は何か
暗殺で北の外交関係揺らぐ


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません