ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-28 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年05月11日 10:09
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 病に伏した王であるライオンが、諸侯に大使と従者を見舞いに遣わすよう命じる。王は鋭い牙や爪を持ち、動物たちに恐れられていたが、彼らは「歓待する」という年老いた王の手紙を信じ、彼の住む洞窟へ向かうのだが、狐だけがそれを固辞する▼なぜかと問われた狐が答える。「洞窟へ向かう足跡はあるのに、出てくる足跡はない」と。17世紀のフランスの詩人ラ・フォンテーヌ作の寓話「病気の獅子と狐」のあらすじである▼ラ・フォンテーヌの寓話からフランス人の考え方や、それをいかに日常生活に取り入れるかを解説しているのが、「『悪知恵』のすすめ」(清流出版)である。日本を代表する仏文学者、鹿島茂氏が記した。鹿島氏はこの寓話から「おいしい話を簡単に信じるな」という教訓を引き出している▼思い起こせば、かの国はずっとこのやり方を通してきた。「白い飯に肉のスープ」がたらふく食べられるといううたい文句は、今なお生まれる大量の餓死者が、それが嘘であることを物語っている。「地上の楽園」ともほめそやされたが、もはや当人たちすらその言葉を使っていない▼「絶対確実なのは、『死ぬまで待つ』」と、鹿島氏はライオン対策を教えている。だがそれでいいのだろうか。「最も恐るべき敵は、ときに最も矮小な敵である」。鹿島氏はラ・フォンテーヌの「獅子と蚋」から得られる教訓として挙げる。獅子が、いや豚が死ぬまで待っていられない人にとっては、こちらの言葉を信じたい。

2016-05-11 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
在日同胞、新韓持株取得20%へ迫る
韓米連合司解体を目論んだ文在寅の挫折
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません