ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2015年11月18日 09:26
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 11月は何かと記念日が多い。11が「いい」と読めることから、例えば9日は「いい靴の日」、16日は「いいいろの日」、29日は「いいフグの日」、「いい肉の日」などとなっている(日本記念日協会ホームページより)▼日本記念日協会によると、11月11日は日本で2番目に記念日が多い日だという。ちなみに1位は10月10日とのこと。同協会では企業が広告目的で定めた記念日などを登録していることから、自然と語呂がよくて覚えやすい日が上位に来るのだとか▼今年話題になったのは「ポッキー&プリッツの日」だろう。「1」の細長い形がポッキーを連想させることから制定された▼日本のある大学では、1111箱を買った学生たちが話題になった。購入が多かった人を発表して競争心をあおるなど、イベントとして成長しつつあるようだ▼韓国では1990年代半ばから「ペペロの日」として一大イベントになっている。今年はやや売り上げは落ちたというが、それでも日本とは比較にならないほどの盛り上がりを見せる▼メディアを騒がせたのは中国の「独身の日」セールだ。たった1日で、年間売上高に匹敵する販売を記録する会社もあるほどだ。やはり中国。スケールの違いは圧巻だ▼国別にみると、中国では韓日の商品が国別の売れ筋トップ3に入った。両国を訪れる中国人観光客も増えている。草の根レベルでは、世にいわれるほど嫌悪の感情はないのかもしれない。この3カ国が「いい関係」になるのはいつのことか。語呂合わせを考えてみる。

2015-11-18 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません